進路を表明した高校生選手一覧(2022)

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

最後の夏戦いを終えた高校生で、進路を表明した選手です。

スポンサーリンク

進路表明選手

日付選手名高校進路コメント
8/20山田陽翔近江プロ「プロ野球にいけるのであれば、いかせていただきたいと思っています。プロ志望届は出します。どちらでも準備しています。自信を持っているのは投手かなと思います」
8/18浅野翔吾高松商プロ「パンチ力を生かして、中距離打者としてチャンスを作る選手になりたい」
8/18松尾汐恩大阪桐蔭未定「これから考えたい。この悔しさを持って次のステップで頑張りたい。走攻守そろった選手になりたい」
8/18村上慶太九州学院未定「これから考えます。上の世界で勝負したい。日本を代表するバッターになりたいです」
8/18岩瀬法樹愛工大名電大学「大学に入って、社会人に行ってからできればプロに行きたい」
8/13森本哲星市船橋プロ「プロの世界で戦いたい」
8/12戸井零士天理プロ「軸がブレずに守備も打撃もやっている楽天の浅村選手のようになりたい」
8/11日高暖己富島プロ「たくさん課題が見つかったしかかるかどうかもわからないけど、プロ志望届を出す」
8/9森谷大誠札幌大谷未定「まだ考えていない」
8/9上山颯太三重大学「大学でも野球を続けたい」
8/8生盛亜勇太興南大学「まだまだスタミナや体の線の細さなど課題がある。甲子園で学んだことを生かしたい。大学では根っこから体を作って頑張りたい」
8/8榎谷礼央山梨学院プロ「高校卒業後にプロ野球選手になりたい」
8/8田中晴也日本文理未定「自分にあった一番良い選択をしたい」
8/7マーガード真偉輝星稜未定「この実力なので、まだ分かりません」
8/7冨田遼弥鳴門大学「勝てなかった悔しさを生かして次のステップで頑張りたい」
8/6森下瑠大京都国際プロ「プロに行くために京都国際に入った。この経験を活かし、侍ジャパンで投げることが目標」
7/31鈴木泰成東海大菅生大学「大学4年間で誰が見てもナンバーワンと言われるピッチャーになってからプロの世界に行きたい」
7/30今野瑠斗東京都市大塩尻プロ「声をかけてもらえるならプロに行きたいです」
7/30三浦心空東邦大学 
7/30光弘帆高履正社大学「悔しい部分があるので、次のステップで」
7/29小笠原天汰国士舘未定「信頼される選手になれるよう考えていきたい」
7/28小島慎也帝京未定「将来はプロでやりたいと思いますが、志望届をだすかどうかはわかりません」
7/28木口永翔筑陽学園未定「プロを目指したい。江口監督と相談します」
7/28茨木秀俊帝京長岡プロ「志望届を出したいし、出す方向でいますが監督とも話をして考えたい」
7/27草野陽斗東日本国際大昌平プロ「進路は高卒でプロに行きたいと思っています」
7/27小林路春富山第一プロ「プロ一本です」
7/27楠本晴紀神戸国際大付大学「4年後はドラフト1位になりたい」
7/27的場吏玖大阪電通大高大学「大学で150キロを出したい」
7/26宮城誇南浦和学院大学「大学に進学する予定。勝てるピッチャーになりたい」
7/26坂本拓己知内プロ「プロ志望届は出す。小さい頃からなりたいと思っていたので。課題をどんどんつぶしながら、いい投手になれたら。まっすぐで強気にやれる投手を目指したい」
7/25斉藤優汰苫小牧中央プロ「やってきたことに悔いはない。ここの野球部で学んだことをこれからも継続していきたい」
7/25門別啓人東海大札幌プロ「自分は出すつもりでいます」
7/25内田湘大利根商プロ「第一志望はプロです」
7/25米田天翼市和歌山プロ「プロ一本で志望届を出そうと思っています」
7/25西村瑠伊斗京都外大西プロ「プロ野球選手になりたい。プロに入って活躍できるように。切り替えられないけど、なんとか切り替えて。ずっと目指している夢があります」
7/25齋藤響介盛岡中央未定「これから長く考えて決めていきたい」
7/24井坪陽生関東第一未定「話し合ってから。これからも野球は続けていくので、上のレベルで技術を上げられたらと思っている」
7/24吉田優飛静岡大学「プロ志望届は出さないつもりです。大学です」
7/24坪井蒼汰山村学園プロ「行けるならプロに行きたいです。上のステージで戦いたい」
7/24田中多聞呉港プロ「プロ1本で。かかるかは分からないですが、志望届を出したい」
7/24赤羽蓮霞ケ浦プロ「レベルの高い所で、プロに行きたい気持ちが強い」
7/24渡辺夏一霞ケ浦未定「頑張って野球を続けたい」
7/24内藤鵬日本航空石川プロ「プロ志望届は出そうと思っています。野球を始めた頃からプロを目指していた。家族も応援してくれています」
7/24大野稼頭央大島プロ「自分はプロを志望します」
7/23伊藤匠海川越東未定「力は出し切れましたが、力のなさを感じた。今までプロと言ってきましたが大学も含めてあらためて考え直したい」
7/23向嶋大輔福井工大福井プロ「本当は優勝して甲子園に行きたかったですが、上のステージでも頑張りたい。プロ第一に考えています」
7/22古川雄大佐伯鶴城プロ「気持ちを切り替えてプロを目指してがんばりたい。プロ志望届を出します」
7/22星野翔太八王子未定「将来はプロに行きたい。地道に練習して目指していきたい」
7/22勝又琉偉富士宮東プロ「高卒でプロに行きたい」
7/21近藤爽太浜松工大学「プロ志望届は出しません。大学でやり直します」
7/20前嶋藍横浜隼人プロ 
7/17澤田寛太大師プロ 
7/17森山暁生阿南光プロ「プロに入って、今まで支えてくれた人たちに見てもらいたい」
7/16高野光海池田プロ「どんな形でも、どれだけかかってもいきたい」
7/16坂根楓河日星プロ「出します」
7/15中川翔介八幡商大学「もっとレベルアップして、ピンチの時ほど頼られる投手になりたい」
7/14藤本拓己尼崎北大学「まだまだ体が細いのでしっかり体を鍛えて、高校の倍以上の練習で投手としての必要なスキルを身につけたい」
7/13岡植純平飾磨工プロ「今はプロを目指しているので、これからも頑張っていきたい」
7/11吉川雅崇小倉プロ「プロ志望届を出す予定です」
7/10川口咲斗大産大付プロ「出します」
7/10槙野時斗須磨翔風未定「才木さんが活躍されている。同じステージに立ちたい。一番の目標はプロ野球で日本を代表する投手になりたいと思っています」
7/9菅原凛湯沢翔北大学「大学でも投手は続けたい」
7/9佐藤希興津名大学「チームの要、リードできる選手になりたい」
7/2木村宗一郎南山大学「真っすぐもコントロールも伸ばしたいし、体力もつけないといけない。もっとトレーニングして、もっと走って」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント