横浜DeNAドラフト1位・濱口遥大投手が6勝目、恵まれたチームに

濱口遥大

横浜DeNAのドラフト1位ルーキー・濱口遥大投手が、この日の阪神戦で6回2/3を1失点に抑え、チームトップとなる6勝目を挙げた。先輩左腕のアドバイスもあり、プロに入って成長をしている。

外れ外れ1位

言い方は良くないが、濱口投手は外れ外れ1位だった。横浜DeNAは柳裕也投手を指名したが抽選で外し、2度目の指名で佐々木千隼投手を指名したものの抽選で外した。そこで指名したのが濱口投手だった。

濱口投手は神奈川大学時代に150キロの速球を投げる左腕として注目され、侍ジャパン大学代表でも常連メンバーだった。もちろんプロもほとんどの球団が注目をしていた。しかし大学3年時の大学日本代表vsNPBフレッシュ選抜との試合では先発したものの2回で7安打を許して2失点し、その後に登板した田中正義投手が4回をパーフェクトに抑える圧巻投球を見せ、引き立て役になってしまった。

リーグ戦でも全く手が付けられない完封投球をすることもあれば、序盤に失点を重ねる場面も見られ、投げてみないとわからないところもあった。ドラフト会議での1位指名時は、横浜DeNAファンからもいろいろな意見があるような雰囲気だった。

ドラフト後に行われた明治神宮代表決定のための横浜市長杯では、共栄大戦で先発したものの1アウトしか取れずに5失点して降板、大学最後のマウンドは降板後に涙を流す悔しいもので、ドラフト1位投手としてはプロでの成長が必要な投手だった。

チームに恵まれ

しかし濱口投手はプロの環境に溶け込むことができた。キャンプを1軍でスタートを切ると、オープン戦などでもしっかりとしたピッチングを見せ、開幕1軍を手にする。そして4月9日には初勝利を挙げた。その後、打ち込まれる試合もあったものの、ラミレス監督が粘り強く先発で起用を続けると、交流戦では3戦3勝、この日の勝利で5連勝となった。ラミレス監督は「僕は驚かないよ。彼はそれだけの能力を持っている」と評価した。

キャンプ時にはブルペンなどで、前年にルーキー左腕として8勝を挙げた今永昇太選手に質問を続ける場面も見られた。4月9日にふくらはぎをつって降板した際には、今永投手から水素ガスで血流促進をするものを紹介され、それを使っているという。また2年先輩の石田健大投手という手本もおり、年齢も近く頼れる左腕がそろっていることで、濱口投手も自信を持って投げている。その石田投手が故障のため2軍調整をしたことも、濱口投手が1軍で登板を続けられるのに影響をした。

またラミレス監督も選手を信頼して使い続けた。プロ入り後に四球を出すことを恐れ、四球を与えるとベンチの視線に恐怖を感じる投手も多いと思う。しかし濱口投手は今日も6つの四球を与えたが、これが僕のピッチングと、その後にのバッターを強い球で詰まらせて打ち取った。

今では欠かせない先発の柱で、1年目にしてオールスターへの出場も決まった。今後、首位カープとの戦いや、日本シリーズに出場すれば対戦する事になるパリーグの球団を相手に、優勝のカギを握る選手になる可能性がある。期待感を抱かせる投手に成長した。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧


PAGE TOP