楽天ドラフト2位・安田悠馬選手がルーキー1号、西武ドラフト2位・佐藤隼輔投手が勝利

埼玉西武ルーキーニュース 東北楽天ルーキーニュース

プロ野球では、東北楽天のドラフト2位ルーキー・安田悠馬捕手がルーキー一番乗りとなるホームランを放った。また、埼玉西武のドラフト2位ルーキー・佐藤隼輔投手は、ドラフト1位の隅田知一郎投手に続き開幕ローテーションで勝利を挙げた。

スポンサーリンク

オリックス戦で

昨年は阪神・佐藤輝明選手や伊藤将司投手、中野拓夢選手、横浜DeNAの牧秀悟選手、広島の栗林良吏投手、東北楽天の早川隆久投手などルーキーが活躍をしたプロ野球、今年もルーキーの活躍が早くもみられている。

東北楽天がドラフト2位で獲得した安田悠馬捕手は、ルーキーながら捕手として開幕戦から3試合連続でスタメンマスクをかぶって出場すると、先発した田中将大投手をリードし、7回1失点の安定した投球を引き出す。

そして打撃では0−1の5回に、オリックス・田嶋投手のカットボールを運び、打球はライトスタンドの3階席に飛び込む特大のホームランを放った。「手応えは完璧。うまく弾道が上がってくれました。気持ち良かった」と話し、これには田中投手も「とんでもないホームラン打ちましたね。先にリードを許す展開になってしまったので大きかった」と話した。

神戸市出身で、子供の頃はほっともっとスタジアム神戸に野球を観戦していた。「タフィ・ローズが好きでした。やっぱりホームランを打つ選手が格好良かった」。小4時の09年4月10日には京セラドームでロッテ戦を観戦し「ラロッカが1試合で3発ぐらい打ったのを覚えています」と話す。それから時が経ち、京セラドームで特大ホームランを放っている選手がそこにいた。

ルーキー2勝目

また埼玉西武は、ドラフト2位の佐藤隼輔投手が先発すると、初回は球速が130キロ台しか表示されなかった。それでも、「スピードガンが壊れているのかな」と気に留めず、2回からは140キロ台を出し始める。

その後は高校、大学時代から評価されていた球の回転でバットを押し込むと、変化球を織りまぜ、5回4安打無失点で投げ終えた。試合も4−0で北海道日本ハムに勝利し、1勝目を手にした。

埼玉西武ではドラフト1位ルーキーの隅田知一郎投手も開幕ローテーション入りし初登板で初勝利を挙げており、昨年のドラフトで左腕投手の獲得を重点に置いた指名が、早くも実を結んだ形になった。

これから、さらにルーキーの活躍が注目される。

2022年、開幕1軍を手にしたルーキー一覧
2022年の開幕1軍(開幕ローテーション)を手にしたルーキーです。
楽天・安田、12球団新人一番乗り1号!マー君「とんでもない」同点弾
楽天の新人捕手として初の開幕戦先発出場を果たすなど、3試合連続でスタメンマスクをかぶる安田がプロ初本塁打を放った。0―1の五回。田嶋の初球のカットボールを捉えた…
楽天ドラ2・安田 12球団新人一番乗り弾!攻守でマー君支えた、打てる捕手へ故郷・関西から大きな一歩 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 どでかい一発で、大きな白星をもたらした。楽天のドラフト2位・安田悠馬捕手(22)が29日、オリックス戦の5回、12球団のルーキー一番乗りアーチとなる同点ソロ。勝ち越した7回には四球を選んでつなぎ役を果たし、バッテリーを組んだ田中将大投手(33)に259日ぶりの白星となる日米通算182勝目をプレゼントした。チームは今季...
西武ドラ2・佐藤 ドラ1・隅田に続いた初登板初勝利 国立大出身投手史上初!姉の誕生日に5回零封快投 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 姉の24歳の誕生日に最高の贈り物をした。西武のドラフト2位・佐藤は幼少期、2歳上の純華さんのマネばかり。女の子に人気のアニメ「おジャ魔女どれみ」のドレスを借りて着ていた。それが筑波大を経てプロ入りし、国立大出身投手では史上初の初登板初勝利。3連勝に貢献した。ヒーローインタビューでは「素直にうれしいです。ホッとしていま...
西武D2位・佐藤、国立大出身初の初登板勝利 D1位・隅田と「2人で刺激し合いたい」
西武のドラフト2位・佐藤隼輔投手(22)=筑波大=が日本ハム戦(札幌ドーム)でプロ初先発し、5回4安打無失点でプロ初勝利。国立大出身投手の勝利は2003年のオリ…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント