Hondaが敗退、阪神ドラフト3位・木浪聖也選手は5打数ノーヒット

松田進, 齋藤友貴哉, 木浪聖也

社会人野球日本選手権では、ドラフト会議で3人が指名されたHondaが登場したが、JR東海にタイブレークの末に敗れた。

木浪選手、悔しさで終わる

Hondaはドラフト会議で阪神のドラフト3位で木浪聖也選手、ドラフト4位で齋藤友貴哉投手、千葉ロッテのドラフト7位で松田進選手がそれぞれ指名された。この日は貴浪選手が3番ショートで出場したが、好機にヒットが打てなかった。

木浪選手は5-5の同点で迎えた9回に、2アウト2塁の場面で打席に入ったがセンターフライに打ち取られ、また延長12回にも1アウト1,2塁の場面で打席に入ったが同じくセンターフライに打ち取られた。5打数ノーヒット1死球、社会人野球最後の試合は苦いものとなった。木南選手は「チームに迷惑をかけてしまい申し訳ないという気持ち」と話した。

それでも「課題が見つかったのでプロに入るまで練習していくしかない。守備も打撃もレベルアップしないといけない」と話し、先に目をやった。この日は阪神の畑山スカウトが視察をしたが、「全体的に今日は硬かったな。この悔しさをプロの世界で晴らしてほしい」と話した。

また齋藤投手はこの日は登板がなかった。登板出来ずに「悔しい思いをした。次の舞台ではこういう接戦で投げさせてもらえる実力をつけたい」と話した。千葉ロッテに指名された松田選手は8番サードで出場し、5打数2安打1打点だった。

試合はタイブレークの末、6-7でJR東海に敗れ、3人の社会人野球は幕を閉じた。社会人野球で成長し、プロの舞台へ進む。

Hondaのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年ドラフト会議 指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

木浪、悔しさ虎で晴らす デイリースポーツ紙面  2018/11/7

 


PAGE TOP