中日ドラフト3位・勝野昌慶投手が8回途中8奪三振1失点

三菱重工名古屋, 勝野昌慶

中日がドラフト3位で指名した三菱重工名古屋の勝野昌慶投手が、社会人野球日本選手権2回戦のJR東日本東北戦で先発し、7回2/3を投げて9安打1失点8奪三振と好投を見せた。

序盤制球苦しむも

勝野昌慶投手は最速152キロの速球を沈むボールを投げる投手で、今年のドラフト会議では中日がドラフト3位で指名している。この日はドラフト指名後の初の公式戦登板となったが、初回に先頭打者に四球を与えると、2アウト2,3塁のピンチを招く。しかしここで最速148キロを記録したストレートで押して追い込むと、最後は抜いた球を打たせてサードゴロに打ち取った。

その後も4回までは毎回四球を出す苦しい投球となった。それでも強いストレートと抜いた球で無失点に抑えると、5回からは制球も安定した。8回、2アウト2塁からタイムリーヒットで1点を許し2-1と追い上げられ、さらにヒットと投手強襲のヒットで満塁となったところで降板したが、後続がこれを抑え2-1で勝利、勝野投手が勝利投手となった。「四球だったり自分で苦しい場面を作ってしまった。何とか粘って8回まで投げられたのは良かった」と話した。

勝野投手は高校時代は県岐阜商の高橋純平投手のライバルとして146キロの速球を投げた。社会人入りしてからは、社会人野球からプロ入りし侍ジャパンのリリーフとして世界一に貢献した大塚晶文氏と、1年目の侍ジャパンで投手コーチとして出会い、フォームで悩んでいた勝野投手に、的確なアドバイスをしてくれたという。その大塚投手の現役時代の投球フォームを参考にフォームを作っていくと、球速も150キロを超えるようになり、高校卒3年目でドラフト3位で指名される投手となった。

「次、投げる機会があれば、もう少し楽な展開にできるような投球をしたい」と話した。大きく成長した社会人野球3年間とチームへの感謝の気持ちを投球に込めて、勝野投手も羽ばたく時を迎える。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧
2018年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

理想の投手像は近鉄や大リーグでも活躍した大塚晶文。勝野が社会人1年目にU23W杯メンバーに選ばれた際の侍ジャパンの投手コーチだった。フォームで悩んでいた勝野に的確な助言をくれたことがきっかけで大塚コーチの現役時代に興味を持った。映像で研究し参考にした結果、球速も150キロを突破するようになった。


PAGE TOP