DeNAドラフト3位の新日鐵住金鹿島・大貫晋一投手が2試合連続完投

大貫晋一, 新日鐵住金鹿島

社会人野球日本選手権は新日鐵住金鹿島が日本新薬に勝利、横浜DeNAがドラフト3位で指名した大貫晋一投手が2試合連続となる完投勝利を挙げた。

10安打1失点完投

1回戦で9回7安打11奪三振で1失点完投勝利を挙げた大貫晋一投手が、準々決勝のこの日に再び先発をすると、日本新薬を相手に10安打を許すものの8つの三振を奪い、再び1失点で完投勝利を挙げた。

大貫投手はこの日、初回に長打から1点を失ったものの、角度があり低めに伸びるストレートとスプリットなどで2回以降は得点を与えなかった。終盤にランナーをセードに背負いながら投げる場面も多かったが、そこで大貫投手の真骨頂である粘りを見せた。

9回にはノーアウトからセンターが判断を誤り3ベースヒットにしてしまい、大きなピンチを背負ったものの、まず次のバッターを内野フライに打ち取ると、続くバッターがスクイズをし、小飛球を大貫投手がスライディングしてキャッチして三塁に送球、すでにホームまで到達していた三塁ランナーをアウトにしてゲームセット、守備側にとってこれ以上ない劇的な幕切れとなり、ナインも大貫投手の周りに集まった。

ストレートの伸びと角度があり、変化球も同じ腕の振りから来る感じ、フィールディングは良いというわけではないものの、このような大きな場面で実践できる力があるし、何よりピンチでも1点も与えないというマウンド度胸がある。この日はピンチを背負ってから最速145キロを記録するなど、まだまだ成長する可能性も見せた。

これでチームはベスト4入りした。「大好きなチームで一日でも長く試合をしたい」と大貫投手はインタビューで話した。決勝まで進出すれば、また先発する可能性が高い。チームに大きなものを残し、またそれをプロへの手土産にしたい。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧
2018年社会人野球日本選手権のドラフト指名選手&2019ドラフト候補

3者凡退は3回の1イニングだけ。10安打されながら最少失点でしのいだ。5回以降は7回を除き毎回得点圏に走者を背負う展開も「ギアを上げるというか、より強く腕を振ることを意識した」とピンチで変化球がより切れを増し、直球もこの日の最速145キロを随所に計測。中島彰一監督も「ピンチほど熱くなれる投手になった」と、ここ一番での精神面の成長を認めた。


PAGE TOP