明治安田生命の148キロ右腕・竹田和真投手が6回7奪三振1失点

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

明治安田生命の竹田和真投手が、JR千葉戦で6回5安打7奪三振1失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

金沢高時代にプロ注目

竹田和真投手は金沢高校2年時にエースとして注目された。高い制球力が光り、コースへきっちりと投げる球が魅力だったが、球速も140キロを越え、プロのスカウトも注目した。

しかし早稲田大に進むと右肘痛などに悩まされ、4年間で神宮のマウンドには一度も立つことが出来なかった。それでも明治安田生命に進むことができ、「大学時代は自分との戦いばかりだったんですけど、ここに来ていろんな人にフォームを教えてもらって、腕が振れるようになった。今は戦う喜びを感じています」と、再び投げ始めた。

この日は日本選手権関東代表戦のJR千葉戦で先発すると、6回を投げて5安打7奪三振1失点、球速は140キロ前後だが、カットボールを高校時代と同じようにコントロールして投げた。「一番良かったのはストライクを取れたところ。打たれても、どんどん投げられて崩れることがなかったです」と話した。

この日はまだ相手に力の差があったが、今後はNTT東日本やJR東日本などの東京の強豪と都市対抗出場を争うことになる。その試合で先発を任されて結果を出し、球速も140キロ中盤までもって行きたい。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

もともと、石川・金沢高時代からプロに注目されていた好素材。社会人で実戦経験を重ねる右腕に、再びスカウトの視線が寄せられるようになりつつあるが「今後は、明治安田生命を引っ張っていけるようなピッチャーになりたいです」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント