広島ドラフト5位の松本竜也投手が148キロで3回1/3無失点投球、赤のユニフォームで輝く

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

広島にドラフト5位で指名されたHonda鈴鹿の松本竜也投手は、東邦ガスに補強選手として都市対抗に出場している。この日は、赤いユニフォームを着て、東京ドームで好投をみせた。

スポンサーリンク

赤のユニフォーム

三菱重工Eastとの試合は2−1の6回2アウト2塁、ここでリリーフ登板したのが松本竜也投手だった。最初の打者に四球を与えたものの、次の打者から空振り三振を奪い、ピンチを抑えた。

7回はすべてセンターフライで三者凡退、8回は2ベースヒットを許したものの、最速148キロを記録するストレートで押して無失点、9回も先頭打者にヒットを許したが、最後は併殺で締めた。3回1/3を投げて2安打2奪三振無失点の好リリーフだった。

「しびれる試合で、緊張感がありました。自分が思っている以上に真っすぐが走っていました。カットが甘くなる傾向もありましたが、不安なく投げられました。プロにかかったからというわけではなく、補強していただいて責任を感じているので、自覚して投げていきたい」と話した。

普段はHonda鈴鹿の白地に青のユニフォームを着ているが、この日は東邦ガスの赤いユニフォームでプレーした。松本投手は「ご縁があるなと思います」と笑った。

赤のユニフォームで東京ドームでの好投は、来年にもつながるものとなる。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【都市対抗野球2021】の対戦カードと注目選手一覧
11月22日から行われる都市対抗野球本戦の、対戦カードと注目選手の一覧です。

登板は2―1の6回2死二塁。四球を出した後、空振り三振で切り抜けた。8回には自己最速に2キロと迫る148キロを計測。先頭に安打を許した9回も二ゴロ併殺など打者3人で締めて1点差を守り切り、東邦ガスに7年ぶりの都市対抗1勝をもたらした。

 「思っていたよりマウンドは硬かったですが、硬めが好きだったので不安はない。プロ(の指名)にかかったからというわけではなく、補強していただいて責任を感じているので、自覚して投げていきたい」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント