日本通運、来年ドラフト候補コンビの川船龍星投手と古田島成龍投手が150キロ台で好投

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

社会人野球日本選手権では、日本通運のルーキーコンビ・川船龍星投手と古田島成龍投手がそれぞれ152キロを計測するストレートを投げ、ベスト8に勝ち上がった。

スポンサーリンク

来年ドラフト候補

川船龍星投手はこの日の大和高田クラブ戦で、社会人2大大会初となる先発をすると、最速151キロのストレートを投げ、4回1/3を1失点という投球を見せた。2日前に先発を告げられ、「そこまで監督の信頼があるとは」と驚いたこの日の先発だったが、「先発であれだけ出せたら十分です」と話した。

初回に2アウトからショートライナーに打ち取った際に、折れたバットが左ふくらはぎを直撃するアクシデントが合ったものの、その後も投げ続けた。5回を超えることは出来ず勝利投手にはならなかったが、チームの勝利に貢献した。

そしてその後を古田島成龍投手が引き継いだ。最速152キロを記録すると、2回を無失点に抑えた。古田島投手は中央学院大で151キロを記録する投手として注目されており、来年のドラフト候補となる。

「任されたところを抑えないと、投げられなくなる。古田島はいいライバルです」と話す川船投手もドラフト候補として注目されており、来年はともにドラフト会議での指名が予想される。

2023年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本通運のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本通運 川船&古田の新人コンビで17年以来の“壁”突破!準々決勝進出 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2回戦3試合が行われ、8強が出そろった。日本通運は先発・川船龍星投手(22)、3番手・古田島成龍投手(23)の新人コンビの活躍で、大和高田クラブを6―1で退け、準々決勝進出を決めた。 

都市対抗を含めた2大大会初先発だった川船が、自己最速に1キロと迫る151キロを計測し4回1/3を1失点。昨秋の神宮大会で2勝し中央学院大を全国制覇に導いた古田島は、自己最速を1キロ更新する152キロを計測し2回を封じた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント