早稲田大・今西拓弥投手がリーグ戦初登板

早稲田大, 今西拓弥

早稲田大の2m左腕・今西拓弥投手がリーグ初登板を果たした。

広陵高校出身

今西拓弥投手は197cmの超大型左腕として昨年のドラフト候補にも名前が挙がったが、早稲田大に進学すると今春のフレッシュリーグで好投を見せ、今季からはベンチ入りをしている。

この日は6回途中に3番手として登板すると、内野ゴロを打たせてピンチで抑えて役割を果たした。

広陵高校出身で、190cmの長身左腕として2015年のドラフトで北海道日本ハムに1位指名された上原健太と比較される。上原投手よりもさらに大きな左腕で、球速はまだまだも2020年のドラフト候補の一人として注目している。

大学4年までに140キロ後半くらいまで球速を持ってこれれば、ドラフト上位候補に入ってくると思う。成長を大いに期待したい。

2020年度-大学生のドラフト候補リスト


PAGE TOP