慶大・岩見雅紀選手が17号、広島スカウト部長「1位候補」

慶応大, 岩見雅紀

慶応大の岩見雅紀選手がリーグ通算17号ホームランを放った。連日のホームランに加え、逆方向へのホームランに、視察した広島スカウト部長は「1位でも恥ずかしくない」と高評価した。

逆方向

法政大との3回戦、相手は150キロ右腕で来年のドラフト候補・菅野秀哉投手だった。4回ノーアウトの場面で岩見雅紀選手が打席に立つと、ストレートを完ぺきにとらえ、右中間に飛び込むホームランとなった。「うまく対応できた。どこでも打てるように待っていた」と話した。

これで2試合連続弾となったホームランはリーグ通算17号、歴代8位にランクする。また右方向へのホームランはリーグ2本目となった。

広島スカウト部長が常に高評価

岩見選手は春のリーグ戦で5本塁打を放ち、13打点を挙げている。その様子を広島の苑田スカウト統括部長が何度も視察し絶賛をしてきた。そしてこの日も「打撃に関しては、大学野手でトップクラスなのは間違いない。」と話し、「春より打席で余裕があるように感じられる。逆方向にあれだけの飛距離が出て、今日の1本は自信になるんじゃないか。プロで育ててみたい選手であることは間違いない」と、春からの成長についても評価した。

そして、「1位でも恥ずかしくないんじゃないかな」と187cm101kgの右の大砲で「慶応のエルドレッド」と自ら評した岩見選手をドラフト1位候補と評価した。

広島は清宮選手の指名について、他球団に比べるとやや消極的に見え、2位で岩見選手を獲得したいところ。ただし、2位の指名順位は最後になるため、どのように判断するのか注目したい。

2017年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

今夏の大学日本代表遠征では4番を東北福祉大・楠本に譲り、主に代打での出場だったがパワーは大学生随一だ。今春の時点で進路をプロ一本に絞り、指名がなければ野球を辞める決意を固めている。ネット裏で視察した広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「打撃に関しては、大学生野手でトップクラスなのは間違いない」と高く評価。ドラフト会議までアーチを量産し続ければ、高校生打者の目玉である清宮(早実)と同様、上位候補に名を連ねることになる。


PAGE TOP