仙台大がリーグ優勝、岩佐政也が完封

仙台大, 馬場皐輔, 岩佐政也

仙台六大学リーグでは、仙台大が東北福祉大に4-0で勝利し、2季ぶり6度目の優勝を決めた。岩佐政也投手が3安打完封勝利で5勝0敗で優勝に貢献した。

7球団スカウト視察

この日の東北福祉大戦には7球団のスカウトが視察に訪れた。東北福祉大の楠本泰史選手や、仙台大の155キロ右腕・馬場皐輔投手が目当てだったと思うが、この日の主役は岩佐投手だった。

岩佐投手は130キロ台の球を制球良く投げ、東北福祉大打線を9回でわずか3安打、奪った三振は1つで打たせて取るピッチングで完封し、エースのピッチングを見せた。岩佐投手は今シーズンも5勝0敗、宮城教育大戦で完封勝利、東北学院大戦でも7回コールドで無失点に抑えた。39イニングを投げて失点したのは初戦の東北大戦の2点のみ、その後の4試合はすべて無失点だった。

プロ志望届は出しておらず、来年は社会人で投げると思うが、社会人でエースとして頼れる投手となりそうだ。そこで球速も増してくれば、2年後にドラフト候補として注目されてくるかもしれない。

プロ志望届を提出しており、今年のドラフト上位候補の馬場皐輔も、今季は4勝0敗、32回を投げて防御率0.00となっており、今日の東北福祉大2回戦で先発が予定される。最優秀選手は岩佐投手か馬場投手か、そしてプロのスカウトもドラフトに向けてこの日の投球を大いに注目している事だろう。

2017年度-仙台六大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP