慶応大・渡部遼人選手が連続20盗塁成功、10球団視察しDeNAが評価

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

慶応大の渡部遼人選手がこの日、3安打2打点の活躍をみせ、リーグ通算20個目となる盗塁を成功させた。

スポンサーリンク

社会人内定も

渡部遼人選手はこの日、2回1アウト2,3塁の場面で、右中間を破る3ベースヒットを打ち、3安打2打点の活躍をみせた。また、初回にはリーグ通算20個目となる盗塁を記録、これまで盗塁失敗はなく、高い盗塁技術をみせている。

この試合には10球団のスカウトが視察をしたが、横浜DeNAの河原スカウティングディレクターは、「スタート、スピード、スライディングを備えているから失敗しない。バットコントロールも良く阪神・近本選手のようだ」と評価した。

他のスカウトも「二塁までのタイムを測ったら8秒を切っていた。速い」と話し、俊足を評価した。渡部選手は50m5.9秒の俊足があり、その足を生かした外野守備に定評がある。

昨秋は打率は.194と課題があった。しかし、この冬に正木選手からインサイドアウトの打撃のアドバイスを受けると、6月の大学野球選手権で16打数9安打と打撃が開花した。堀井監督は「大学選手権あたりから自信をつけてきた」と話す。

社会人野球のチームから内定をもらっているが、「日本で一番レベルの高いところでやってみたいという気持ちがあった」とプロ志望届を提出した。堀井監督も「プロで結果を出していく選手特有の、教えなくてもできる野球観が渡部遼にもある」と後押しする。

急成長し、評価も急激に挙がっている渡部選手、ドラフト会議での指名が注目される。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年大学生プロ志望届提出選手一覧
2021年の大学生のプロ志望届提出選手の特徴を簡単に紹介します。9月27日までに合計139名になりました。

50メートル5秒9の走力を買われ今秋から1番に座る。前日に続く猛打賞でチームを開幕2連勝に導いた男が憧れるのは日米通算708盗塁のイチローだ。四球で出塁した初回にリーグ通算20盗塁となる二盗。マリナーズで06~07年に45回連続で成功させたイチローのように失敗は0で、驚異の成功率を誇る。視察したDeNA・河原隆一編成部スカウティングディレクターは「スタート、スピード、スライディングを備えているから失敗しない。バットコントロールも良く阪神・近本選手のようだ」と絶賛した。

右中間を破る打球に、渡部遼はぐんぐん加速した。2回2死二、三塁で東大・奥野から先制の2点適時三塁打。あるスカウトは「二塁までのタイムを測ったら8秒を切っていた。速い」と舌を巻いた。50メートル走5秒9の足を見せつけた。

社会人野球の三菱自動車岡崎で谷佳知氏(元オリックス、巨人)、JR東日本で田中広輔(現広島)と、後にプロ入りする選手を指導した堀井監督は「プロで結果を出していく選手特有の、教えなくてもできる野球観が渡部遼にもある」と太鼓判を押す。打撃指導は「ボールに強くコンタクトすることの必要性を教えたぐらい」と明かした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント