東海大・小松勇輝選手「まずは試合に出て、結果を残して」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東海大が練習を公開し、東海大相模で注目された小松勇輝選手は、プロの夢を口にした。

スポンサーリンク

大ケガ

小松勇輝選手は、東海大相模で1年生の春からショートのレギュラーとして活躍し、打撃・守備で高く評価をされていた。東海大でも活躍が期待されていたが、昨年春に右膝の前十字靱帯断裂の大ケガを負った。

それでもその後は順調に回復し、チームの主将にも就任した。プロ入りの夢もあるというが、「まずは試合に出て、結果を残してチームを引っ張りたい」と決意を示す。

まずは復帰した姿をしっかりと見たい。好守に高いセンスをみせる小松選手のプレーが楽しみ。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東海大・井尻監督 日本一へ「チャンスはある」新チームに手応え 主将の小松も闘志 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 首都大学野球リーグの東海大が13日、神奈川県平塚市のグラウンドで練習を公開した。昨秋リーグ戦を制した井尻陽久監督は「目標は日本一。チャンスはあると思う」と新チームに手応えを感じている。

左打ちの内野手で主将の小松(3年)は昨春リーグ戦で右膝の前十字じん帯断裂の大ケガを負ったが、順調に回復。プロ入りの夢も持っているが「まずは試合に出て、結果を残してチームを引っ張りたい」と気を引き締めていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント