北洋大の146キロ右腕・後藤晟投手が復活へ、伊藤大海投手に続く

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

146キロ右腕の後藤晟投手が、伊藤大海投手に誘われて入学した北洋大で復活のマウンドに立つ。

スポンサーリンク

昨春に右肘靱帯損傷

後藤晟投手投手は松本国際高校出身で、2018年に苫小牧駒大のセレクションに参加すると、大学2年生だった伊藤大海投手(2020年・北海道日本ハムドラフト1位)に「一緒に野球やろうよ。残り2年ぐらいしかいないけど、そこで教えてあげるから」とLINEメッセージをもらい、入学を決めた決め手になった。

入学してからは監督が「金魚のフン」と話すほどに伊藤投手と行動を共にし、伊藤投手の卒業する2020年秋は「チームのためというより、お世話になった大海さんのために投げた」と2年生ながら4勝で防御率0.33を記録し、伊藤投手の2勝、防御率0.55を上回る成績を残した。

最速も145キロを記録し、伊藤投手の後継者だったが、伊藤投手が抜けた2021年に春に右肘靱帯損傷をしてしまう。それから1年間は完全菜食主義などで体重を10kg落としてから、じぶんのベストの体重である81kgを見つけ出し、昨年12月にはPRP(多血小板血漿)療法で右肘の治療をした結果、3月には完治して札幌大谷大との試合で6回1安打無失点の投球を見せた。

北海道六大学リーグは23日に開幕する。後藤投手がエース復活の投球を見せるか、祖先は東農大北海道と対戦する。

北洋大(苫小牧駒澤大)のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-北海道学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】北洋大のエース・後藤晟が復帰「全試合無失点」・・・北海道六大学野球23日開幕
 北海道六大学野球(北海道学生野球連盟)春季リーグ戦が23日、苫小牧・とましんスタジアムで開幕する。21年4月に苫小牧駒大から校名変更した北洋大は、20年秋に最優秀投手賞とベストナインに輝いたエース・

長野・松本国際高3年時に受けた北洋大のセレクションで、当時2年生の伊藤と出会った。「一緒に野球やろうよ。残り2年ぐらいしかいないけど、そこで教えてあげるから」とLINEでメッセージをもらったことが進学の決め手になった。入学時から常に行動を共にし、指揮官も「金魚のフン」と話すほど。20年秋のリーグ戦では二枚看板を形成し、「チームのためというより、お世話になった大海さんのために投げた」。2勝(防御率0・55)の伊藤を上回る、4戦4勝、失点わずか1(防御率0・33)の内容で最優秀投手賞とベストナインのタイトルを獲得した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント