東農大北海道の伊藤茉央投手はプロ入り、林虹太投手は社会人入りを目指す

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東農大北海道オホーツクで右サイドから150キロ前後の速球を投げる伊藤茉央投手と、佐久長聖時代から注目されている林虹太投手が、それぞれの進路に向けて春のリーグ戦が始まる。

スポンサーリンク

全国の壁

東農大北海道オホーツクの林虹太投手と伊藤茉央投手は、共に佐久長聖高校と喜多方高校から入学した2019年の春に大学野球選手権に出場すると、林投手は準決勝も含めて3試合に先発し、伊藤投手は4試合にリリーフで登板して、チームをベスト4に導く衝撃的とも言えるデビューを飾った。

しかしその後、新型コロナの影響などもあり2年時は主な大会が行われずにブランクとなってしまうと、昨年は大学野球選手権では上武大に、秋の明治神宮大会では慶応大にコールド負け、特に秋は先発した林投手が2本塁打を浴び、リリーフした伊藤投手も1回1/3で6安打5失点で降板してしまう。

しかし、この悔しさをバネに、このオフはそれぞれの特徴を生かすため、林投手は得意のカーブを磨くと、伊藤投手は同じサイドハンド右腕の元ヤクルト・林昌勇投手のフォームを研究し、「速球で押す投球や、外を生かす意識を高めてきた」と話す。

林投手は卒業後は社会人入りを目指す。そして伊藤投手はプロ入りを見据えている。23日に開幕する春季リーグ戦で連覇を続け、再び全国の舞台で輝く投球を見せて、進む道を掴み取りたい。

東農大北海道オホーツクのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-北海道学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【北海道6大学】東農大北海道Wエース林虹太、伊藤茉央「全国で勝ちたい」集大成シーズンに臨む - アマ野球 : 日刊スポーツ
昨年の春秋王者・東農大北海道のダブルエースが集大成のシーズンに臨む。19年全日本大学選手権4強に導いた林虹太(4年=佐久長聖)、伊藤茉央(4年=喜多方)は23… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

卒業後は林は社会人、伊藤はNPB入りを見据える。ともに「大学最後の年に日本一を」と誓う。両右腕が19、21年に続く3度目の春秋リーグ制覇と、3年前、届かなかった大学王座をたぐり寄せる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント