夏の甲子園3本塁打、鶴岡東の土屋奏人選手が東北福祉大へ

2026年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

今夏の甲子園で3本塁打を放った鶴岡東の土屋奏人選手が、東北福祉大に進学することがわかった。内野手にも取り組む。

スポンサーリンク

3本塁打

土屋奏人選手は、今夏の甲子園で2番バッターとして、1回戦の盈進戦で2本塁打、2回戦の近江戦では敗れたものの1本塁打を放ち、強打の捕手として注目された。

その土屋選手は東北福祉大に進学することを決めた。同じ長野県出身の鶴岡東の先輩・大井光来捕手が東北福祉だの3年生におり、頻繁に連絡を取っているという。3学年上で高校では一緒にプレーできなかったが、「ようやく一緒にできる。うれしいですね」と話す。

出場機会を増やすために内野の守備の練習にも取り組む土屋選手、4年までに打線の中軸を任される選手になり、4年後のドラフト会議で注目選手として指名を受けてほしい。

東北福祉大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】今夏甲子園2戦3本塁打の鶴岡東・土屋奏人捕手が東北福祉大進学
 今夏の甲子園に出場した鶴岡東(山形)で2試合で3本塁打を放った土屋奏人捕手(3年)が、仙台六大学野球・東北福祉大に進むことがわかった。同郷の先輩の背中を追い、大学でも強打を武器に存在感をみせる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント