サンスポが23年ドラフト候補特集・社会人編を掲載、ENEOSの度会隆輝選手を紹介

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

サンケイスポーツは、高校生編、大学生編に続き、先取り23年ドラフト候補の社会人編を掲載、ENEOSの度会隆輝選手を紹介している。

スポンサーリンク

サンケイスポーツ「先取り、23ドラフト候補社会人編

リストに掲載されたのは下記の9人。

氏名チーム投打身長
体重

投手    
古田島成龍日本通運右右175/82B
古屋敷匠真セガサミー右左179/90B
片山楽生NTT東日本右左178/81B
飯田琉斗ENEOS右右186/86B
松本健吾トヨタ自動車右右179/74B-
竹田祐三菱重工West右右184/90B-
     
捕手チーム投打身長
体重

     
内野手チーム投打身長
体重

津田啓史三菱重工East右右180/77B
     
外野手チーム投打身長
体重

度会隆輝ENEOS右左183/83A
若林将平日本新薬右右180/86B-
     

度会選手は今夏の都市対抗で4本塁打を放ち、決勝の東京ガス戦では0−4の6回に3ランホームランを放ってチームに勢いをつけ、優勝に大きく貢献した。この大会では打率.429を記録し、橋戸賞(MVP)、若獅子賞(新人賞)、打撃賞の3つの表彰を受けた。

今年の社会人野球で公式戦23試合で7本塁打、21打点で2冠となり、ベストナインを受賞し、社会人2年目で一気に飛躍を見せた。

父は東京ヤクルトでプレーした度会博文氏、兄はJPアセット証券でプレーする度会基輝選手で、共に少年野球の頃から野球をしてきた。横浜高校時代はプロ志望届を提出したものの指名漏れを経験したが、社会人で1年目から輝かしい活躍を見せ続けている。

ENEOSの大久保監督は「打撃、守備での集中力が高まったのが大きい」と話す。183cm83kgの大型選手となり、現在は外野手でプレーをしているが、横浜高校では主に二塁手としてプレーしており、守備力の高さも評価されていた。来年は内野手としてのプレーも視野に入れており、そこでも評価が高まれば、ドラフト1位指名で競合する選手になってきそうだ。

2023年ドラフト候補一覧
2023年のドラフト候補選手一覧です。2023年のサンケイスポーツ、スポーツ報知、日刊スポーツの1月新春の情報を反映しました。 皆様よりお寄せいただいたドラフト候補選手の動画とみんなの評価の選手を元に掲載しております。ぜひ、良い選手をご紹...
2023年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

“先取り”23ドラフト候補社会人編 − サンケイスポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント