白鴎大の俊足外野手・福島圭音選手がプロ志望を明言

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

白鴎大で、昨年秋のリーグ戦で打率.375、4盗塁を記録した福島圭音選手がプロ志望を明らかにした。

スポンサーリンク

恩師にプロ志望をすることを報告

福島圭音選手は171cm72kgの外野手で、聖望学園から白鴎大でプレーし、昨年秋の関甲新リーグで打率.375、4盗塁を記録するなど高い打率と抜群の俊足を武器としている。

50mは5.8秒を記録する。秩父市で育ち、小学生時代にうさぎを追って遊んでいた事で足が速くなったと話す。そして聖望学園では3年夏に埼玉大会ベスト4まで勝ち上がり、白鴎大に進んだ。

このオフに聖望学園の前監督だった岡本監督にあいさつし、「プロに行きたい」と伝えたという。「目標は阪神の近本選手」と話し、プレースタイルの近い選手を目標に今年も成長を誓った。

埼玉西武の2軍との練習試合では、浦和学院でのエースだった渡辺勇太朗投手と対戦し結果を出したという。プロの投手にも打撃が通用することをどんどんアピールし、出塁したら盗塁で足をアピールしてゆきたい。

2023年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
白鷗大・福島がプロ志望明言 ウサギを追って培った50メートル走5秒8の快足磨く/関甲新学生
関甲新学生野球の白鷗大・福島圭音(けいん)外野手(3年)が7日、栃木・小山市のグラウンドで今年初の全体練習を開始し、プロ志望を明言した。

昨秋、チームは2位だったがリーグ戦打率・375で、4盗塁をマーク。聖望学園時代に浦和学園のエース右腕だった渡辺勇太朗投手が西武の投手として登板したオープン戦でジャストミートできたことで、希望が高まった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント