亜細亜大、学生コーチだった正高奏太選手が主将として選手に復帰

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

亜細亜大は、今年学生コーチとしてチームを支えた正高奏太選手が主将に抜擢され、選手に復帰して戦う。

スポンサーリンク

監督の一番近くで

正高奏太選手は狭山ヶ丘高では1年生の春から内野手として出場し、3年時は主将となると、新型コロナ禍だった2020年夏の埼玉代替大会で見事に優勝を果たした。

亜細亜大に進学すると守備の良い内野手として期待されたものの、2年時に右肘を痛め、ボールボーイとして生田監督の近くで試合を見続けると、3年時には生田監督の勧めで学生コーチとなった。「生田監督の隣にいることができて、試合の流れを読むこと、選手に声をかけるタイミング、生活面でも教わることが多くありました」と話す。

そして生田監督から鈴木監督となると、秋の新体制の協議を進める中で、鈴木監督から「オマエでもいいんじゃないか」と声をかけられると、学生からも賛同の声が挙がった。正高選手は「1年間、選手としてプレーしていなかった。周りの選手の気持ちを考えたら、自分にはできないと思っていた」と話したものの、「正高にやって欲しいんだ」と部員からの熱意が気持ちを動かし、主将の就任と選手への復帰を決めた。

「1年間のブランクがある。グラウンドには早く出て、ノック、バッティングを1球でも多く受けるようにしています」と話し、選手として出場するために、守備と打撃を鍛え直す毎日を続けている。生田監督、鈴木監督から教わった野球観だけではなく、もちろん打撃や守備で成績でチームを引っ張るつもりだ。

「強いチームと応援されるチームを両方目指していきたい。応援されるチームは、勝てるチームでもある。どういった姿勢でやるかも、応援されるチームになるための大事な要素。それを息してチーム作りをしていきたい」と話し、どんな場面でもキビキビと全力で動く亜細亜大の野球を見せる。

亜細亜大はエースの草加勝投手や天井一輝選手といった主力が抜ける。北嶋洸太投手や選手や笠松拓真選手といった新4年生ももちろんだが、齊藤汰直投手、芹沢優仁選手といった新3年生が中心となり、亜細亜大のスタイルを作ってゆきたい。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】亜大の新主将は学生コーチから異例の抜擢 背番号52から1へ 狭山ケ丘で20年夏埼玉代替Vの立役者 : スポーツ報知
 東都大学野球リーグの亜大が17日、東京・日の出町の同校グラウンドで年内最後の全体練習を行った。今年、学生コーチを務めた正高奏太内野手(3年=狭山ケ丘)が選手として復帰し、主将の重責を担うことになった
亜大に異色の主将誕生 今季学生コーチの正高奏太「ここぞで強いチームにしたい」覚悟の選手復帰 - アマ野球 : 日刊スポーツ
異色の主将が誕生した。亜大は17日、東京都西多摩郡の同校グラウンドで、23日の解散を前に、最後の全体練習を行った。新チームの主将に就任した正高奏太内野手(3年… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント