横浜DeNA、10日のスカウト会議で早大・早川隆久投手を1位指名最有力に浮上

2020年ドラフトニュース スカウト会議 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、早稲田大学の早川隆久投手を、ドラフト1位指名の最有力候補としていることが分かった。

スポンサーリンク

5人態勢で視察

横浜DeNAは早大の早川隆久投手について、9月8日に亜細亜大と行われたオープン戦では5人態勢で視察を行い、球団首脳と共に複数スカウトでクロスチェックを行った。その2日後の10日にはスカウト会議を行い、候補選手の確認作業を行ったが、球団関係者は早川投手について、「1位候補なのは間違いない」と話したという。

横浜DeNAは、2015年の今永昇太投手、2016年の濱口遥大投手、2017年の東克樹投手と3年連続で大学生左腕投手を指名し、1年目から先発のローテーションに入って活躍を見せた。また2014年の石田健大投手、2019年の坂本裕哉投手といった左腕投手を2位で指名しており、左腕王国を築き上げた。

しかし、左の先発が豊富となったものの、濱口投手が1年目の勢いが最近は見られなくなり、東投手はトミー・ジョン手術受け、今永投手も故障のために現在は2軍にいる。全投手がそろう事がまだ一度もなく、また今永投手はそろそろメジャーへの移籍も考えなければならない状況にきている。

早川投手が来れば左の先発で力では筆頭格に来る可能性もある。今永投手、濱口投手などからアドバイスを受け、1年目から先発として活躍しそうな可能性が高い。しかし、もちろん今年の目玉クラスの左腕投手で、指名の競合が確実とみられる。

DeNAは野手も佐野選手が台頭したものの、筒香選手が抜け、外国人に頼っている所もあり、今年は攻撃の好不調の波が激しい。スラッガーの獲得も補強ポイントの一つで、ドラフト会議直前まで1位指名が誰になるかは分からなそうだ。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
横浜DeNAベイスターズのドラフト指名予想
横浜DeNAベイスターズ公式ページ 横浜DeNAベイスターズ関係スレッド型掲示板 横浜DeNAベイスターズ過去のドラフト指名一覧 横浜DeNAベイスターズ/ドラフト最新記事 以前...
横浜DeNAベイスターズ、過去のドラフト指名一覧
横浜DeNAベイスターズ公式ページ 横浜DeNAベイスターズ関係スレッド型掲示板 横浜DeNAベイスターズドラフト指名予想 横浜DeNAベイスターズ過去のドラフト指名 過去3年間:投...

最速155キロを誇る力のある直球と、スライダーやカットボールなど多彩な変化球が武器の早川を、8日に行われた亜大とのオープン戦は5人態勢で視察。10日のスカウト会議では候補選手の確認作業などを行った。球団関係者は早川について「1位候補なのは間違いない」と明かした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント