横浜DeNAがドラフト5位指名の専大松戸・深沢鳳介投手に指名あいさつ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、ドラフト5位で指名した専大松戸の深沢鳳介投手に、進藤編成部長、吉見スカウトから指名あいさつを受けた。

スポンサーリンク

「ここぞの場面でしっかり投げきれる」

深沢鳳介投手に指名あいさつをした吉見スカウトは「両サイドの真っすぐのコントロールが非凡で、ここぞという場面でしっかり投げきれる。ベイスターズを背負う投手になってくれると思う」と評価した。

深沢投手は昨年秋から頭角を現し、140キロのサイドハンド投手と注目された。そしてセンバツのマウンドではストレートの球威が増し、中京大中京の150キロ右腕・畔柳亨丞投手(日本ハム5位)と投げ合いを演じる。

さらに夏には140キロ中盤の速球を投げるようになり、夏の甲子園では初戦でセンバツ準優勝の明豊を完封した。

まだ体は大きくない。プロ志望届を出すかどうかも迷いがあるほどだった。しかし、ドラフト会議では堂々の5位指名、高い制球力と成長スピード、そして大舞台で動じずに投げきれる度胸が評価された。

横浜DeNAにはサイドハンドで平良投手という、2013年ドラフト5位で高校卒でプロ入りし、2016年に1軍登板をし、DeNAに移籍した2017年から先発として好投をみせている。境遇や投球フォームが似ており、深沢投手の良い手本となる。

右打者にも左打者にもインコースに食い込む球を持つ深沢投手。まずは体を作って球速を常時143前後にすれば、後は指先の良さ、マウンド上での度胸で勝っていける投手になるだろう。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

夏の甲子園で選抜大会準優勝の明豊(大分)から11三振を奪う完封劇を見せた右横手投げ。吉見祐治スカウトは「両サイドの真っすぐのコントロールが非凡で、ここぞという場面でしっかり投げきれる。ベイスターズを背負う投手になってくれると思う」と評価する。

DeNAドラ5深沢が抱負 最多勝で「半永久欠番」番長の18番「背負わせていただけるような投手に」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 目指すは「番長背番」だ。DeNAからドラフト5位指名され、最速144キロを誇るサイド右腕の専大松戸・深沢が、松戸市の同校で進藤達哉編成部長らから指名あいさつを受け「実感が出てきた。最多勝を獲れる投手になりたい」と抱負。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント