巨人ドラフト3位の日大・赤星優志投手が、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約

2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人は、ドラフト3位で指名した日本大の赤星優志投手と、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

高校時に指名漏れ

赤星優志投手は最速152キロの速球を投げる投手で、動く球を使った投球で打ち取るピッチングが持ち味。大学では4年春まで東都の2部リーグで投げていたが、今年秋の1部リーグで、開幕から連続完封勝利を挙げて大きくアピールし、ドラフト3位での指名となった。

その赤星投手は、日大鶴が丘時代も140キロ中盤の速球を投げて注目された。プロ志望届を提出して指名を待ったものの、名前が呼ばれず、悔しさを持って日大へと進学していた。

その年のドラフト会議は清宮選手などが注目された年で、プロに進んだ村上選手などが大きく活躍をしている姿を見て「特に同級生という部分では負けたくない」と話す。特に、同じセ・リーグで対戦することになる東京ヤクルトの村上選手には、「対戦した時はしっかり抑えられるようにしたい」と話した。

水野スカウト部長も大学生投手の中で「一番安定感がある」と評価する。ドラフト1位2位で、ストレートの威力が十分も、まだ少し粗さが残り、実績が少ない翁田大勢投手、山田龍聖投手を指名してからの3位指名で、1年目から安定感ある投球を期待されての指名という意思が伺える。

「1年目から1軍で投げられるようにしっかり準備して、開幕1軍目指してやっていきたい」と話した赤星投手。今年ドラフト会議の一番星になる。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

来季の先発ローテ入りが期待される右腕が、99年世代の一番星を目指す。「特に同級生という部分では負けたくない」と力を込めた。同学年はプロ野球では村上の他に清宮や安田らが、各界を見ても名だたるスターがズラリ。水野スカウト部長が「(大学生で)一番安定感がある」とうなる制球力と安定感を武器に、ライバルたちを上回る活躍を誓った。

巨人がD3位・赤星、育成4位・笹原と合意
○…巨人がドラフト3位で指名した日大の赤星優志投手(22)=175センチ、78キロ、右投げ右打ち=の入団が24日、決まった。東京都内のホテルで交渉し、契約金6千…
巨人ドラ3赤星「家を買ってあげたい」、6人きょうだい末っ子が両親に恩返しへ開幕1軍目指す - スポニチ Sponichi Annex 野球
 6人きょうだいの末っ子が両親に大きな恩返しを誓った。巨人からドラフト3位指名を受けた日大・赤星が都内のホテルで入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約。「親に家を買ってあげられるくらい活躍したい。小さい頃からプロになって家を買ってあげようと思っていた」と語った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント