福岡ソフトバンクのドラフトの狙い(2018)

2018年の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は福岡ソフトバンク編。

チーム状況

〇タイプ:超育成型
〇監督:投手出身、バランス重視、総合力重視
〇決定者:永井智浩編成・育成部長兼スカウト室長
〇補強ポイント:先発投手(左)、リリーフ投手、スラッガー(右)、ポスト内川、ポスト松田
〇近況:小川編成・育成部長兼スカウト室長が交代、昨年は大学生投手を指名し育成路線に変化も

福岡ソフトバンクは潤沢な資金力があり、FA等で他球団の選手を獲得できる側のチームに加え、育成組織を強化して3軍で多くの有望な選手を抱えている。2017年はパリーグで圧倒的に勝利し、日本一にも輝いた。レギュラー陣の主要な部分は固定されているが、内川選手、松田選手などがベテランとなり、主軸やリリーフを外国人選手に頼っている所もある。

現在のレギュラー選手は生え抜きの選手が多く、高校生で獲得してきた武田投手、千賀投手、中村選手、明石選手、今宮選手や、柳田選手、松田選手、長谷川選手、東浜投手、摂津投手、和田投手などの大学・社会人出身の選手がかみ合って活躍をしてきた。しかし近年はレギュラー陣が固定されたことや、充実した育成施設があることからから高校生の指名が多くなっている。また育成組織では球速がある体の大きな投手が揃う一方で、同じスタイルの投手が多く、状況に応じたバラエティ性に欠けると指摘もされていた。

ポジション

捕手:甲斐、高谷 ほぼ固定
一塁手:内川、明石 内川が固定も故障あり
二塁手:本多、明石、川島、川崎  未定
三塁手:松田 固定
遊撃手:今宮 固定
外野手:柳田(固定)、中村晃(固定)、上林(固定になりつつあり)、真砂
DH:デスパイネ

先発投手:東浜、千賀、和田、武田、バンデンハーク(ここまで固定)、石川、中田、松本裕、寺原、摂津
リリーフ投手:岩嵜、サファテ、森、五十嵐、嘉弥真、モイネロ

主軸は内川、デスパイネ、柳田、中村が固定、ただし内川選手は故障で離脱も増えてきている。上林選手が中村選手くらいに成長をしており、ポスト内川を任せられるような4番候補が必要。ファームでは期待の真砂選手も8本止まりと、2ケタホームランを打った日本人はおらず、2017年は清宮、安田を1位で指名したものの獲得できなかった。

1番は明石、川島、本多、福田、今宮、川崎、松田、中村、柳田などが務め、かなり流動的。今宮選手が2番で、松田、中村、松田、柳田は主軸の選手で、打率を残せて驚くような足を使えるトップバッターは欲しい所。

セカンドやサードは、ファームで期待された曽根選手、古澤選手、牧原選手とも今年は不調だった。

投手では先発陣は充実しており、若い投手がローテーションで活躍をしている。田中正義投手や古谷投手、高橋純平投手など大成しそうな投手もいるが、あえて言えば左の若い先発投手が古谷投手ともう一人欲しいか。リリーフ陣も屈指の陣容だが、サファテ投手の負担を考えると、リリーフエース候補を育てたい所。2017年ドラフトではアンダースローのリリーフ・高橋投手や長身の椎野投手を獲得し、多様性を重視し始めた印象。

ドラフト候補は

1番バッターとして長い間プレーできそうな大阪桐蔭・藤原恭大選手が本命か。ほかには主軸を任せられそうな花咲徳栄・野村佑希選手、打てる捕手の早稲田実・野村大樹選手、セカンド・ショート候補の報徳学園・小園海斗選手、大阪桐蔭・根尾昂選手などから一人は獲得したいところ。

投手はリリーフでも投げっぷりを期待できる日体大・東妻勇輔投手やHonda・齋藤友貴哉投手など、左腕投手では八戸学院大の高橋優貴投手や、国際武道大の伊藤将司投手、長身左腕のHonda鈴鹿・平尾奎太投手や実績のある日本生命・高橋拓巳投手などが挙げられる。

ドラフト1位で藤原選手を獲得でき、2位で速球派リリーフ投手を獲得できれば成功ドラフトとなりそうだ。

福岡ソフトバンクホークスのドラフト会議メインページ
2018年のドラフト候補一覧


PAGE TOP