阪神が京都外大西・西村瑠伊斗選手と大阪観光大・久保修選手をリストアップ、俊足強肩の外野手候補

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神が、今年のドラフト指名候補として、京都外大西の西村瑠伊斗選手と大阪観光大の久保修選手をリストアップしている事がわかった。

スポンサーリンク

俊足外野手

京都外大西の西村瑠伊斗選手は、50m6.0秒の足と遠投120mの強肩外野手で、高校通算54本塁打のパンチ力があり夏の京都大会で4本塁打を放っている。大阪観光大の久保修選手も50m5.9秒の足と遠投120mの強肩が注目され、この秋は打率.349、2本塁打、10打点の活躍を見せている。ともに1番としても3番としても活躍ができ、足と肩で魅了できる選手だ。

阪神は西村選手については7月25日の京都大会準決勝で和田TAが視察した。久保選手も9月12日に和田TAなど3人で視察し、3打数1安打2四球の打撃と、外野での軽快な守備をチェックしていた。

特に球団関係者などのコメントは無いものの、デイリースポーツでは阪神がこの二人をリストアップしていると報じ、近本は不動の存在だが、ライト・レフトを大山選手、佐藤輝選手などが内野と兼任でこなしているとし、外野手の補強を進める説明する。

大山選手と同じ右の大砲の高松商・浅野翔吾選手の1位指名が有力視されているが、浅野選手も50m5秒台の足と強肩が持ち味。ただし浅野選手が獲得できたとしても、西村選手、久保選手が3位4位で残っている場合には指名をしていく可能性もある。

9月12日には埼玉西武の渡辺GMも久保選手を視察し、西村選手も他球団スカウトが西日本でNO.1と評価するなど他球団の評価も高い選手で、ともに3位の阪神の指名まで残っているかどうかは微妙と見える。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
阪神 今秋ドラフト候補に巧打と強打の外野手 大阪観光大・久保&京都外大西・西村/デイリースポーツ online
 阪神が今秋のドラフト指名候補に、大阪観光大・久保修外野手(4年・石見智翠館)と京都外大西・西村瑠伊斗外野手(3年)をリストアップしていることが30日、分かった。 大阪観光大の久保は巧打・強肩・俊足と3拍子そろった右打者。今春の近畿学生リーグでは打率・349、2本塁打、10打点を記録してベストナインを獲得した。阪神の和...

京都外大西・西村は高校通算54本塁打。世代ではトップクラスの打撃センスを持ち、高く評価されている。7月25日の京都大会準決勝・龍谷大平安戦には複数球団のスカウトが視察。和田TAや西武の渡辺GMらの姿もあった。今夏の京都大会では史上最多タイの4本塁打を放ち、6割超えの打率をマークするなど長打力と確実性を兼ね備えている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント