侍ジャパンU18代表の選出メンバー予想

明日の夏の甲子園決勝戦終了後に、9月3~9日に宮﨑市で行われるBFA/U18アジア選手権に出場する選手が発表されます。代表選出メンバーを予想してみます。

侍ジャパンU18日本代表選手の予想(20名)


選手名 高校 身長体重 特徴 球速 ラン

吉田輝星
1次候補
金足農
3年
176cm81kg
右右
最速150キロの速球は球質良くストレートで三振奪う、気迫あふれる投球も魅力 150 特A
河村唯人 日大三
3年
175cm74kg
リリーフで登板しキレの良いストレートと変化球で抜群の奪三振率を見せる 142 B+ 
及川雅貴
1次候補
横浜
2年
181cm66kg
中学NO.1左腕は高校2年で152キロ左腕に、雄星投手クラスの怪物 152 特A
奥川恭伸
1次候補
星稜
2年
181cm78kg
右右
中学NO.1右腕、146キロの速球に奪三振率も高い。 150 特A
柿木蓮
1次候補
大阪桐蔭
3年
178cm78kg
右右
2年夏の甲子園で140キロ中盤の好投、現在苦しんでいるが期待 151 A
西純矢
1次候補
創志学園
2年
183cm79kg
右右
中学時代から注目で2年時点で147キロ、勝てる投手に進化中 150 特A
渡邉勇太朗 浦和学院
3年
190cm90kg
右右
149キロ速球投げる本格派右腕、スライダーなど変化球も◎ 149 A

有馬諒 近江
2年
181cm77kg
右右
1年秋の時点でプロのスカウトが注目する強肩とインサイドワークの良い捕手   A
菊地亮太 金足農
3年
172cm73kg
右右
吉田投手をリードし、8番バッターながらチャンスを作る打撃   B-
小泉航平
1次候補
大阪桐蔭
3年
179cm73kg
右右
有力な先輩がおり活躍は昨年秋からだが、プロも注目する能力   B


野村佑希
1次候補
花咲徳栄
3年
185cm90kg
右右
通算50本塁打の関東の主砲
投げても146キロの強肩
146 A
日置航
1次候補
日大三
3年
176cm76kg
右右
2年で日大三の遊撃守る、50m6.0秒の足に本塁打も   B
太田椋
1次候補
天理
3年
181cm75kg
右右
ショートのプレーは高校NO.1、足捌き、送球の正確さなど魅力   A
中川卓也
1次候補
大阪桐蔭
3年
174cm71kg
右左
派手さないがレベル高い、シンプルなフォームから安定した結果   B+
根尾昂
1次候補
大阪桐蔭
3年
178cm75kg
右左
投げては148キロでセンバツ優勝
打ってもフルスイングから本塁打
148 特A
山田健太
1次候補
大阪桐蔭
3年
183cm85kg
右右
思い切りよい打撃で長打見せ、爆発力でチームを勢いづける   B+
小園海斗
1次候補
報徳学園
3年
178cm73kg
右左
遊撃の守備、打撃、足、そして長打力も備えるスーパーな選手   特A


蛭間拓哉
1次候補
浦和学院
3年
174cm82kg
左左
1年で浦学の4番、1試合2本塁打も頻繁に見せるアーチスト   B+
中村奎太 日大三
3年
174cm75kg
右左
投手としても登板できる。抜群の打撃センスを見せる 142 B+
藤原恭大
1次候補
大阪桐蔭
3年
182cm76kg
右左
昨年も代表入りし、最も活躍
50m5.7秒足と長打力を併せ持つ
140 特A

PAGE TOP