日大三、スター不在の世代が夏ベスト4、日置選手は大学進学希望

日大三, 日置航, 中村奎太, 大塚晃平, 河村唯人

夏の甲子園準決勝で金足農に敗れた日大三、スター不在と言われた3年生がチームをひっぱり、全国ベスト4という成績を残した。

スター不在

日大三は昨年の3年生に櫻井周斗投手(横浜DeNAドラフト5位)、金成麗生選手(トヨタ自動車)を擁し、2013年以来の甲子園にセンバツ大会で出場をした。それでも夏の甲子園出場はできなかった。

そして新チームとなると、周りからは、投手がいない、主軸となる選手もいないと、2017年に比べて期待は薄いという声もささやかれた。中村奎太選手、日置航選手、大塚晃平選手など3年生も「自分たちは弱い」と認識をするところからスタートした。河村唯人投手も「僕も全然戦力になれず悔しかった」と話し、そこから努力の日々がスタートした。

しかし、秋の大会で東京を制して明治神宮大会に出場し、2回戦で敗退したもののセンバツにも出場した。それでも、2年生の井上広輝投手の好投などがクローズアップされていた。

そして夏を迎える。2013年以来、夏は西東京大会で早稲田実や東海大菅生などに阻まれていたが、この夏は河村投手が大きく成長を見せリリーフとして抜群の安定感を見せた。また、日置選手、大塚選手がヒーローとなり、甲子園出場を決めた。夏の甲子園では2年生投手も復帰して融合し、ベスト4入りをして昨年の世代を大きく上回る成績を残した。

主将の日置選手は、「どんなときでもみんなが、”このチームは弱い”と理解して付いてきてくれた。みんなに感謝したい。このチームでよかった」と話した。

野球の道

日置選手は今後、大学でのプレーを希望しているとみられる。また河村投手は5人兄弟の長男という事もあり、高校を卒業したら就職を考えていたというが、「上のレベルを目指していくことが、下の子たちの刺激になれば」と、この夏の実績を手に、今後も野球を続けていく道を選択する。

これからも、逆境でも力を伸ばすことができる世代だろう。この世代からも将来、プロ野球選手が出てくることを期待して待ち、桜井投手などとプロの舞台で戦う姿をみたい。

そしてこの3年生の姿を見ていた井上広輝投手、広沢優投手は、この秋から自らが先頭に立ち、今年以上の成績を目指していく。

日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

主将として、1年間チームを率いた。スター選手不在の中、時には厳しい言葉で選手たちを叱咤(しった)激励しながら、春、夏連続出場を果たした。「どんなときでも、みんなが『このチームは弱い』と理解して付いてきてくれた。みんなに感謝したい。このチームでよかった」と、前を向いた。

 


PAGE TOP