藤原恭大選手に東京ヤクルト絶賛、中学時代からの1,2番で侍けん引

小園海斗, 藤原恭大

侍ジャパンU18代表では、藤原恭大選手が見せた。初回、レフト前の当たりで俊足を飛ばして2塁まで進み、球場をいきなり沸かせた。

1番藤原、2番小園

やはり藤原選手は1番バッターの方が生き生きしている。大学代表との壮行試合ではノーヒットに終わった藤原恭大選手だったが、相手に好捕される打球もあり、調子は全然悪くなかった。

しかし、この日は1番に入ると、4番を打っていたときよりものびのびとプレーしていた。初回、初球のストレートを鋭く振りぬくと、打球はショートの頭の上を超すレフト前ヒット、通常ならそれだけだが、藤原選手は鋭い走塁で勢いを止める事なくセカンドまで駆け抜け悠々のセーフとなった。スタンドからはこの激走に驚きの声と歓声が沸いた。

そして2番を打つ小園海斗選手が、こちらも鋭い打球でファースト強襲のヒット、藤原選手がホームに入った。藤原選手は第2打席で149キロを記録した戸郷翔征選手に空振り三振を喫したが、4回の第3打席ではセンター前に運び、試合中にきっちりと借りを返した。

この打撃に、視察した東京ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクが「あの対応力はさすが。すごい」と話した。小園選手も戸郷選手からヒットを打つなど2安打、そして出塁すると2盗塁を決めた。

昨年も侍ジャパンの1,2番を任され、清宮選手、中村奨成選手、安田尚憲選手などがいる中で最も目立っていたのがこの二人、そしてこの二人は中学時代も枚方ボーイズで1,2番を組む。

小園選手は、「1、2番で点を稼いでいきたい」と、チームを引っ張る決意を示した。この1,2番は、将来、侍ジャパンのトップチームでも実現しそうな感じがする。同じチームにこの二人がいたら、しびれるだろう。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018)
侍ジャパンU18代表の今後の動き

「小園との1、2番は、一番打線が活発になる。自分たちの持ち味が出せました」
藤原は4回にも圧巻の一撃を放った。前の打席で空振り三振を喫したカットボールを狙い、中前へ運んだ。この日は阪神など7球団が視察。ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクは「あの対応力はさすが。すごい」とうなった。相棒の小園も3回に戸郷の149キロ直球を中前へ運び、ともに2安打をマーク。2盗塁と足も披露した2番打者は「1、2番で点を稼いでいきたい」とうなずいた。

枚方ボーイズと昨年のU18W杯で1、2番を組んだ小園と今合宿で初めて1、2番を結成。盟友が一塁強襲適時内野安打を放ち、わずか5球で先制のホームを踏んだ。2人で2安打ずつ計4安打をマークし「自分たちが打ったらチームも乗っていく」と、U18W杯を経験した2人でかき回した。

「2番・遊撃」で出場した小園(報徳学園)は2安打1打点。藤原とのコンビについては「一番、頼れるのは恭大。心強い」と抜群の相性に胸を張った。大舞台を何度も経験しているが、意外にも緊張しやすいタイプだという。その硬さを取り除くためにも「1球目から自分のスイングができるようにしたい」と、積極的なプレーを心がけていく。


PAGE TOP