夏の高校野球・ 山形大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

渡部雅也, 伊藤海斗, 渡邉勇磨, 篠田怜汰, 渡辺拓海, 日下部由伸, 大場勇飛, 日野雅崇, 島貫健太郎, 鈴木倫, 鹿野航生, 丸山蓮, 大井光来, 山下陽生, 河野宏貴

夏の高校野球・山形大会が7月11日に開幕する。注目選手は少ないものの、185cm近い大型の選手が投打にいる。地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年は山形中央の佐藤智輝投手が東北楽天のドラフト5位で指名された。

日大山形の渡部雅也捕手は、183cm84kgの大きな体があり、セカンドまでの送球は1.87秒を記録する大型強肩捕手。ホームランの数はそれほど多くなかったが、3年春に長打を打つ手ごたえを感じており、いつホームランバッターとしての能力が開花してもおかしくない。U18代表候補にも入り、多くの投手の球を受けて経験を積んでいる。

羽黒の篠田怜汰投手は178cmの右腕投手、2年夏に145キロを記録したが、球速は140キロ台でも、とにかく伸びるボールが低めのコーナーに突き刺さり、伸びやかでゆったりとしたフォームも評価が高かった。しかし甲子園後に調子を崩し、3年春は120キロ、130キロしか出ない状態が続いた。それでも日本文理との練習試合ではストレート一本で4回1安打の好投を見せ、復活基調にある。昨年の投球ができれば、ドラフト4位くらいで指名したい投手で、昨年を上回れば上位候補に入ってくる。

酒田南の渡辺拓海投手は191cm100kgの大型投手。まだ上半身と下半身の連動など、体の使い方に課題があるのか、球速はまだ144キロで思ったより伸びてこないが、きっかけをつかめば一気に150キロにもなりそうだ。伊藤海斗選手も189cm85kgの左のスラッガーで、高校通算は30本を超え、投げても左から140キロの球を投げおろす。こちらも、これだけの能力があれば、もっと騒がれる選手になるかと思っていたが、今のところはまだおとなしい感じ。この夏に大きく飛躍となるか。

その他の選手

鶴岡東は河野宏貴選手が1番ショートでプレーし、ショートでは県NO.1。トップバッターとしても打撃のセンスを感じさせる。丸山蓮選手は183cm80kgの体から投げては140キロを記録、打っても春の東北大会2本塁打などパワーがある選手。山下陽生選手も50m5秒台の足を見せる。

山形中央の渡邉勇磨選手は50m5.9秒の俊足選手。大井光来選手は捕手としてもチームを引っ張り、4番としてもチャンスに強い打撃を見せる。

日大山形も鹿野航生選手は1番セカンドで、守備の動きもスムーズ、打っても鋭い打球を広角に飛ばし、ホームランも放つ。東北屈指の選手だろう。俊足の橋本魁選手、ショートの西島好亮選手が繋ぎ、181cmの井上悠選手もパンチ力を見せる。羽黒の日下部由伸選手は昨年の甲子園でショートで素晴らしい動きを見せていた。打撃のパワーも付き、恐れられるバッターになってきた。同じく2年生で甲子園を経験した鈴木倫選手も1番を打っていたが、今年になってパンチ力も付いてきた。

長井高校の島貫健太郎投手は184cmの右腕投手。130キロ中盤のストレートを投げ、春に県ベスト8に進出している。米沢中央の日野雅崇投手は186cm85kgのサイドハンド。120キロ台のスライガーとツーシームの変化はものすごく、初めて対戦すると苦しいかもしれない。山形学院の大場勇飛投手も変則フォームからインコースに強気に投げ込み、制球に自信を持っている。

優勝予想

昨年夏は羽黒が劇的勝利で甲子園に出場、秋は鶴岡東が優勝し羽黒が準優勝。今春は鶴岡東が優勝し日大山形が準優勝した。鶴岡東、羽黒、日大山形に酒田南が選手層などが熱く、4強となる。

春は好投手のいるチームが勝ち上がっており、長井、山形学院、米沢中央などもチャンスがありそう。また山形南、日大山形、山形城北などの実力校もおり、4強の一角を倒して勝ち上がってくるか。

2019年度以降-高校生-山形県のドラフト候補リスト


PAGE TOP