九州の注目高校生投手、九州文化学園の147キロ右腕・黒木優、真颯館の146キロ左腕・松本翔、九州学院の山田俊介

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

西日本スポーツの紙面では、九州地区の地方大会の注目投手が紹介されている。九州では九州文化学園の147キロ右腕・黒木優投手、真颯館の146キロ左腕・松本翔投手、九州学院の長身左腕・山田俊介投手などが注目される。

スポンサーリンク

注目の3投手

西日本スポーツに掲載されている九州地区の主な注目投手は次の通り。

選手名高校学年身長体重投打
柳川大晟九州国際大付319184右右
山本大揮九州国際大付318486右右
松本翔真颯館317880左左
毛利海大福岡大大濠317775左左
荒谷紘匡佐賀北318473左左
坂本安司大崎317676右右
鴨打瑛二創成館319585左左
黒木優九州文化学園318384右右
山田俊介九州学院318475左左
京本真明豊318987右右
太田虎次朗明豊317585左左
長尾一輝都城東317878右右
西田恒河樟南317585左左

九州文化学園の黒木優投手は183cmの本格派右腕、投手として投げるのは高校に入学してからで、現在は最速147キロを記録するまでになった。春は長崎の強豪・創成館との試合で最速は143キロを記録、スライダーやカットボールも交え、視察したスカウトからは「九州では一番の素材かもしれない」と評価された。黒木投手は「150キロを出せる投手になりたい。プロを目標頑張りたい」と話す。

真颯館の松本翔投手は、中学時代に軟式で138キロを記録し、練習試合では2度の完全試合を達成している。真颯館に進むと昨年秋に左肘を痛めてしまったが、今年3月には故障も癒えると、練習試合で146キロを記録した。故障をきっかけに肩の可動域を広げたり、下半身の強化などでバランスが良くなり、「力みがなくなり、ボールがしっかりと指にかかれば自然に出る」と球速が出るようになった。今春は5試合を投げて防御利rつ1.62で準優勝に導いた。「夏は全試合に登板する」と話した。

九州学院の山田俊介投手は184cmの長身左腕投手。高校入学時に長身左腕として期待されたものの、なかなか開花せず、2年時も最速は130キロ中盤にとどまっていた。しかし、今年3月のセンバツ出場を控えていた宮崎商との練習試合でいきなり141キロを記録、初回にいきなり三者三振を奪い、視察していたスカウトを驚かせた。今春は他の投手を育てるために登板がなかったが、夏はエースとしてのピッチングが注目される。

2021年度-九州投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント