北海の木村大成投手が146キロ、8球団10人スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今年のドラフト候補左腕投手で、最速148キロの速球を投げる北海・木村大成投手が夏に初登板し、5回2安打8奪三振無失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

8球団スカウト集まる

南北海道大会札幌地区Bブロック2回戦で、北海高校が札幌平岡と対戦し、先発した木村大成投手は、4回までパーフェクトピッチングを見せる。5回に2安打を許したものの、その後を抑えた。5回を投げて2安打8奪三振、無四球で無失点投球だった。

最速は146キロを記録したものの、「直球は質も制球も良くなかったが、スライダーはピンチで空振りも取れて良かった」と話した。

また打撃でも高校初の4番に抜擢されると、5回にノーアウト満塁の場面で走者一掃の左中間への二塁打を打ち、5回10−0のコールド勝利に貢献した。「夏もまた甲子園に行けるように、投げる方も打つ方も毎試合、しっかり準備したい」と投打での活躍を誓った。

木村投手は高校生左腕で筆頭格として評価されており、この日は8球団10人のスカウトが集まった。スカウトのコメントは無いが、まずは圧倒する投球を見せ、夏、そして秋のドラフト会議に向けても順調な様子だった。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球、南北海道大会は北海の148キロ左腕・木村大成投手を中心に宮下朝陽選手、大津綾也捕手、札幌日大の前川佳央投手もプロが注目する楽しみな選手。更に将来性も含めて期待される選手が多く、ドラフト注目度はB。

スタンドに8球団10人のスカウトが集まる中、この日の最速は146キロ。木村は「投球面に関しては、直球は質もコントロールも良くなかったが、スライダーはピンチで空振りも取れたので良かった。夏もまた甲子園に行けるように、投げる方も打つ方も毎試合、しっかり準備したい」と話した。

北海が投打ともにエース中心の新バージョンにシフトチェンジし、好発進した。8球団10人のスカウトが見守る中、木村はまず投球で、好調ぶりをアピール。4回まで完全投球を続け、5回に2安打許すも、後続を断って無四球8奪三振の好投で、夏初戦を飾った。この日の最速は146キロ。自己最速148キロには及ばなかったが「直球は質も制球も良くなかったが、スライダーはピンチで空振りも取れて良かった」と手応えを口にした。

【高校野球】北海が春夏甲子園出場に向け好発進、「4番・投手」のエース木村は5回8K無失点&1安打3打点
 今春のセンバツに出場した北海が夏の初戦に臨み、5回コールド勝ち。プロ注目の最速148キロ左腕・エース木村大成(3年)は5回8奪三振2安打無失点だった。
北海・木村 プロ8球団の前で5回無失点!直球常時140キロ中盤も「思った球ではなかった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 初戦となった札幌平岡戦で先発した148キロ左腕の北海・木村大成(3年)がプロ8球団の前で5回2安打無失点。8三振を奪い、5回コールド勝利に導いた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント