夏の高校野球・広島大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球広島大会、広島新庄、広陵、尾道を中心に好選手が大きく、プロ志望届けを提出すれば指名に掛かりそうな本格派投手もいる。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は広島新庄が優勝しセンバツにも出場した。準優勝は盈進、ベスト4に西条農と広島商が入った。春も広島新庄が優勝し、呉港高が準優勝、ベスト4に広陵と尾道。

広島新庄が戦力が充実しており、優勝候補の筆頭。広陵や尾道が追う形で、呉港、盈進、広島商などが後を追う。

注目選手

広島新庄の花田侑樹投手は182cm75kgの右腕投手で、センバツでも145キロの本格派の投球を見せた。春は疲労回復のために登板はなかったが、夏は150キロにも届くのではないかと思うが、プロ志望をすればドラフト会議で指名される可能性は高そうだ。

その他の選手

広島新庄は左腕の秋山恭平投手も140キロのキレの良い球で三振を奪え、さらに左にもう1枚・西井拓大投手が春に経験を積んだ。二遊間の大可尭明選手と瀬尾秀太選手は守備・足・肩などの評価が高い。身体能力の高さが注目される平田龍輝選手、北田大翔選手なども注目。1年生の河野優輝捕手も総合力の高さで将来が期待される。

広陵の林燦投手も182cm76kgの本格派右腕で、最速は140キロだがバランスの良いフォームで将来性が非常に評価されている。他にも167cm67kgの左腕で142キロを記録する福島孔聖投手、卓越した守備を見せる遊撃手の三宅雄大選手、178cm83kgの左の大砲・三木太陽選手、打撃センスがある垰下弘貴選手に、2年生でも将来性を評価される右の松林幸紀投手と左の内海優太投手、1年生で内野手として期待十分の中尾湊選手などがそろう。

尾道は175cm77kgの右腕・大土井颯投手が142キロを記録、左の宗清哉太投手もキレがある。捕手の幸城登生選手が安定しており、2年生の4番・坂本典優選手もしっかりと結果を出す。呉港はアンダーハンドの尾崎元投手が制球力が良く、182cm90kgの主砲・河野力選手の破壊力も抜群。

神辺旭高は145キロを記録する清水亮太投手、140キロを記録する酒木祐投手の速球派がおり、2年生の上垣潤弥選手、1年生の高橋良太選手なども楽しみな選手。瀬戸内の北吉幸太郎投手は181cm87kgの大型右腕で球に力がある。巧みな打撃の山田大樹選手、2年生でパワフルな打撃をする名原栄二選手もチェックしたい。

武田高校は2年生の188cm右腕・内野海斗投手と、同じく2年生の振本隼汰投手がともに140キロを記録しており、来年が注目される。3年生の田中幹大選手は県屈指の左のスラッガー。広島工の伊原登希選手は三拍子揃った選手、

舟入高の小西諒児投手は178cm86kgの左腕投手で、力のある真っすぐを投げる。西条農の沖田琉弥投手は169cm67kgと小柄だが139キロを記録し、佐々木七海投手も166cmだがダイナミックなフォームから130キロ中盤の速球を投げる。呉三津田の佐橋篤哉投手も力の乗った球を投げ、

広島商の桃原猛斗選手は、172cm75kgと大きくはないが、スイングは非常に大きく長打が飛び出す。山陽の藤原颯大選手は遠投120m、50m6.1秒の足、そして長打力も抜群。沼田高の西田太陽選手は長打力では県屈指。三次高の奥優一叶選手は、抜群の俊足でスピード感あふれる選手。

他に2年生では如水館の堀越陽斗選手が春にホームランを放つなど長打力が評価されている。

2021年度以降-高校生-広島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント