149キロ右腕の武庫荘総合・斉藤汰直投手が4回5奪三振無失点、中日スカウト「想像以上」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

武庫荘総合の149キロ右腕・斉藤汰直投手が先発し、4回2安打5奪三振無失点の好投を見せた。最速は145キロだった。

スポンサーリンク

現時点では進学志望

斉藤汰直投手182cm86kgの本格派右腕投手で、2週間前の市尼崎との練習試合で自己最速を3キロ更新する149キロを記録し、夏の大会開幕を待ち望んでいた。

この日の明石高専戦で先発すると、最速は145キロを記録し、低めにストレートを集めた。4回を投げて2安打5奪三振無失点と安定した投球を見せた。また4番打者としても2安打2打点の活躍で、5回コールド10-0で勝利した。

この日は中日の中田アマスカウトアドバイザーが初めて視察をしたが、「いい投手とは聞いていたけど、想像していた以上ですね。バランスが良いし、野球センスの高さを感じる。もう少しスピードが出てくると良いんだが、省エネだったのかも。身のこなしとか打撃を見ると野球センスを感じる。これから筋力は付いてくるだろうし、伸びしろは十分」と評価した。

コーチをしている元阪神の谷本氏も「これなら80点。どこまで伸びるか分からん」と話す。

現時点では進学を志望している斉藤投手だが、高校生投手の中でも素質はトップクラスだと思う。プロのスカウトもまだ視察をしているということで、今後、進路が注目される。

夏の高校野球・兵庫大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球・兵庫大会、140キロ中盤を記録しプロのスカウトも注目する投手が比較的多いものの、昨年の中森、来田選手のようにドラフト上位での指名が予想されるような投手がおらず、ドラフト注目度はB。
2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日、初めて斉藤の投球を目にした中日・中田宗男アマチュアスカウトアドバイザーは「いい投手とは聞いていたけど、想像していた以上ですね。バランスが良いし、野球センスの高さを感じる。これから筋力は付いてくるだろうし、伸びしろは十分」とその素質を高く評価した。

この日は「低めにのびのある球を投げる」意識で臨んだ。4回無失点に抑えたが、初回先頭打者に死球を与えるなど「立ち上がりに甘さが出た」と課題を挙げた。打撃では、初回に1死一、二塁から先制の左前適時打。2回にも左前適時打を放ち、投打で躍動した。2球団が視察し、この日の最速は145キロ。中日・中田アマスカウトアドバイザーは「身のこなし、野球センスがいい」と評価した。

182センチ、86キロ。植田茂樹監督(57)は「スカウトの方が見に来るたびに、体が大きくなっている、と言われます」。この日、プロスカウトが計測したスピードガンでは最速145キロ。視察した中日の中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「良い投手。もう少しスピードが出てくると良いんだが、省エネだったのかも。身のこなしとか打撃を見ると野球センスを感じる」と評した。

この日のMAXは145キロだったが、最速149キロを誇る。腹筋や背筋に加え、走り込むなど伝統的なトレーニングで地力を高めてきた。現時点では進学を希望している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント