智弁和歌山・中西聖輝投手投手が苦しみながら勝利、7球団視察し千葉ロッテ・ヤクルトが評価

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

智弁和歌山の147キロ右腕・中西聖輝投手が、強豪の箕島との初戦に先発したが、初回に先制されるなど苦しい立ち上がりとなった。

スポンサーリンク

修正力

初回から140キロ台の球で声を挙げながらパワーで押す投球を見せた中西聖輝投手だが、制球が定まらずに先制点を許した。

しかし、味方がその裏にすぐに同点に追いつくと、2回以降は6回までパーフェクト投球を見せ、結局8回を投げて6安打2失点という内容だった。「野手が取り返してくれて、その流れに乗るができた」と野手に感謝した。最速は143キロだった。

この日は7球団のスカウトが視察に訪れたが、千葉ロッテの榎チーフスカウトは「前回見た時は高いイメージだったが、全体的に低めに集められている。パワー系でありながら変化球も多彩で柔らかさがある」と評価し、また同じく千葉ロッテの三家スカウトも「バッターを見ながらメリハリをつけた投球ができている」と評価した。東京ヤクルトの阿部スカウトも「1回は球が上ずっていたが、以降はしっかりゲームメークできていた」と評価した。

パワーピッチングだがコントロールや変化球の良い中西投手、この日はかなり全力で投げていた雰囲気もあるが、球速はもう少しだった。まずは固くなる初戦を突破し、次以降に少し柔らかさが出る中で球速も上がってゆけばと思う。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・和歌山大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球和歌山大会、全体的な候補選手の数は少ないものの、ドラフト1位クラスや指名がほぼ確実な選手などがそろい、プロのスカウトも大勢視察に来ることになりそうだ。ドラフト注目度はA。

最速147キロ右腕の夏初戦に、7球団のスカウトが視察に訪れた。ロッテ榎アマチーフスカウトは「前回見た時は(球が)高いイメージだったが、全体的に低めに集められている。パワー系でありながら変化球も多彩で柔らかさがある」と評した。

序盤こそつまずいたが修正力の高さを見せた。暴投からピンチを招き、初回に1点を失ったが、その裏に岡西佑弥一塁手の犠飛と渡部海捕手(ともに2年)の適時打で逆転。「野手が取り返してくれて、その流れに乗るができた」とこの日の最速143キロの直球を軸に7回まで危なげない投球を続けた。8回に押し出し四球から2点目を与えたが、中谷仁監督は「中盤の、リズムよく相手打線を打ち取ったところがゲームの流れを良くしてくれた」と評価した。

智弁和歌山 エース中西「喜べば心乱れる」公式戦2本目のアーチにも“本職”への影響考え笑顔封印 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 春夏通じ3度の甲子園優勝を誇る智弁和歌山が同4度の箕島を終盤に突き放し、名門対決を制した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント