ノースアジア大明桜・風間球打投手、バースデードラフト1位指名へ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

ノースアジア大明桜の157キロ右腕・風間球打投手は、18歳の誕生日となる10月11日のドラフト会議で、1位指名が有力となっている。

スポンサーリンク

走り込み中心に練習

風間球打投手はこの夏、秋田大会で最速157キロを記録し、今年の高校生最速右腕となった。甲子園でもBIG3で唯一登板し、雨天によるコンディション不良などもあったが、角度のある150キロの球を見せた。

この日はオンラインで取材を受け、「選んでもらった球団で全力でやれるように準備したい。自分のストレートがどこまで通用するか試したい」と12球団OKの姿勢を示した。

ドラフト会議当日の10月11日は、風間投手の18歳の誕生日と重なる。「すごくうれしい。ドラフト1位でプロの世界に行けるように願いながら、その日を迎えたい」と話し、18歳の誕生日は運命の日となる。Wでお祝いとなりそうだ。

甲子園後は、体力強化と変化球の精度アップを課題に、走り込みを中心に練習をしており、ブルペンには週に一度、捕手を座らせて2、30球を投げているという。会見では「160キロを目標にする」と話し、「いろんな賞を取って、日本を代表する選手になりたい」と語った。

ドラフト会議では1位指名が有力視される。各球団とも森木大智投手、小園健太投手と共に誰を1位指名するのか決めきれない所だが、1位指名重複の可能性もある。

2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 ―ドラフト会議という運命の日と、18歳の誕生日が重なることについて、どう感じているのか?

 「すごくうれしい。ドラフト1位でプロの世界に行けるように願いながら、その日を迎えたい」

ノースアジア大明桜・風間 誕生日ドラフト心待ち「すごいいい結果だったらうれしい」/デイリースポーツ online
 忘れられないバースデーとなる日が近づいている。最速157キロ右腕で今秋ドラフト上位候補のノースアジア大明桜・風間球打投手(17)が8日、オンラインで11日のドラフト会議に向けて心境を語った。運命の日は、くしくも自身18度目の誕生日。「すごいいい結果だったらうれしい」と心待ちにした。 9月15日にプロ志望届を提出し、こ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント