浦和学院が始動、金田優太選手と宮城誇南投手が成長見せる

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

浦和学院が1月6日にグラウンドでの練習を開始した。センバツ出場が濃厚で、プロ注目の金田優太選手、宮城誇南投手も成長した姿を見せる。

スポンサーリンク

全国レベルの投手を打ちたい

浦和学院は昨年秋の関東大会でベスト4入りし、3月のセンバツに出場が濃厚となっている。

その中で投手と内野手の二刀流として注目される金田優太選手は、体重が昨年秋から7kg増えて78kgとなり、この日は雪が降る前までキャッチボールなどで練習をしていた。「全国レベルの好投手を打ちたい。いい冬を迎えたので、レベルアップして春夏を迎えたい」と成長の手応えを感じている。

また、エース左腕で最速142キロの速球を投げる宮城誇南投手も、この冬は体力強化に取り組み、「個人としては140キロ台後半を投げられるようにしたい。シーズンに入って、どのくらい投げられるのか楽しみ」と話す。

そして、宮城投手は「センバツに出られるチャンスがあるので、春夏連覇、全国制覇が目標です」と、全国制覇の目標を語った。

宮城投手は、オリックスの宮城投手のように、もっともっと成長をしてゆきたい。金田選手も高い身体能力を持つ選手で、打撃の強さも定評があり、今年はさらに強い打球を見せてくれそうだ。

浦和学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
センバツ濃厚の浦和学院が始動、森監督が掲げたチーム目標は「全国制覇」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
昨秋関東大会4強の浦和学院(埼玉)が6日、さいたま市内のグラウンドで始動した。昨秋から就任した森大監督(31)の掲げる「自律」のテーマの元、年末年始のオフも選… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今秋ドラフト候補で投手との二刀流、金田優太内野手(2年)は、雪が降る直前までキャッチボールなどで調整していた。関東大会後から体重は7キロ増の78キロ。「全国レベルの好投手を打ちたい。いい冬を迎えたので、レベルアップして春夏を迎えたい」と話した。

浦和学院が練習始め 森監督「目標は全国制覇」
昨秋の関東大会4強で春の選抜大会出場が濃厚な浦和学院(埼玉)が6日、さいたま市のグラウンドで今年の練習を開始した。ノックやティー打撃などを終えた後、午後はスポー…

最速142キロで進路が注目される左腕・宮城誇南投手(2年)は、「春夏どちらの甲子園も出て連覇が目標。個人としては、140キロ台後半(の直球を)投げられるようにしたい」と意欲を見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント