京都外大西・西村瑠伊斗選手、147キロ&42本塁打の二刀流はプロに「高校から行きたいです」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

投げては最速147キロ、打っては高校通算42本塁打の京都外大西・西村瑠伊斗選手は、「高校から行きたいです」とこの秋のドラフト会議での指名を目標とする。

スポンサーリンク

二刀流

西村瑠伊斗選手は178cm75kgと体は大きくないものの、投げては147キロを記録し、打っても高校通算42本塁打を放つ。好きな選手は「大谷選手です」と話し、二刀流を目標とする。

中学3年時にポニーリーグで日本代表に選ばれ、高校進学時は京都府内の全ての強豪校から誘いを受けたが、「自分の力で甲子園に連れて行きたい」と京都外大西に進学をした。上羽監督も「今までの西高にはいないタイプ。今からどれだけ良い選手になっていくのかというのは本当に楽しみ」と話し、その素質に惚れ込む。

「一応、バッティングの方が自信があります」と話し、コンパクトなスイングから鋭い打球で飛距離の出る打撃が特徴で、重い木製バットを毎朝300スイングして鍛えている。

今年の京都は、昨年の甲子園でベスト4入りした京都国際のエース・森下瑠大投手など、好投手が揃っているが、西村選手は「バッティングでもピッチングでも上に行けたら」とそれを乗りこえ、昨年の京都大会決勝で敗れた京都国際越えを目指す。

そして「高校から行きたい」と話したプロ入りを目標とする。高い身体能力の西村選手にはプロからもかなり注目をされており、夏は多くのスカウトが視線を送るだろう。

2022年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
京都外大西・西村瑠伊斗 「毎朝300スイング」で培われた無限の可能性 プロ入り目指す二刀流 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 甲子園出場経験はなくても、あふれる魅力十分。全国的には無名だが気になる素材。津々浦々に存在するポテンシャル抜群の選手をYouTube「スポニチ ドラフトチャンネル」で紹介する「スポニチFocus」。第3回は京都外大西の西村瑠伊斗投手です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント