夏の高校野球・岐阜大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球岐阜大会、昨年は全国区の選手でドラフト上位指名の可能性のある選手もいたが、今年はそこまで注目されている選手はいない。しかし、ドラフトで指名が掛かりそうな選手や、将来的に有望な選手が多く、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は中京が優勝し、準優勝に大垣日大、4強に岐阜第一と県岐阜商が入った。

春は岐阜第一が優勝し大垣日大が準優勝、帝京大可児と中京が4強に入っている。

中京、大垣日大、岐阜第一が優勝候補で、県岐阜商、帝京大可児、大垣商などが優勝争いに絡みそうだ。

注目選手

県岐阜商の伊藤颯希選手は186cm96kgと体が大きくなっている。入学時の期待からすると、少し伸び悩みの感じもするが、将来的にどこかのタイミングで大成しそうな能力、ポテンシャルがある。

今年のドラフト指名を意識すると、中京高の根津康生捕手が注目されている。175cm85kgの捕手で二塁送球は1.9秒、通算24本塁打の長打力がある。打てる捕手としてプロのスカウトも注目している。

投手では県岐阜商の小西彩翔投手が注目される。181cm77kgの右腕投手で、スリークォーターから144キロのストレートとキレの良いスライダーをなげ、実戦的な投球もできる。体をそのまま成長させてゆけば、非常に楽しみな投手になりそうだ。

この他、182cm94kgの体から147キロの速球を投げる県岐阜商の井上悠投手や177cm左腕で145キロの回転の良い球を投げる中京高の瀬戸亮太投手なども、タイプがはまればドラフト会議での指名の可能性もある。

また、岐阜第一の福井一颯選手は、183cm81kgの大型遊撃手で、タイプ的には確実にヒットを打っていく打撃とともにプロのスカウトが注目している。

その他の選手

中京高は高校通算20本を越してきたパンチ力と強肩のある長瀬悠希選手も注目され、投手も184cm94kgの右腕・花川元信投手と186cm81kgの右腕・吉永聖也投手など、楽しみな選手がそろう。

県岐阜商は小西投手、井上投手の他に、141キロの速球とカットボールが武器の安藤竣祐投手、2年生ですでに来年のドラフト候補として注目される144キロ右腕の山口恵悟投手など、140キロを記録する投手を今年も揃えた。俊足の内藤大輔選手、後藤耀介選手など打線がつながれば甲子園が近づく。

岐阜第一は制球力の良い弘川泰暉投手が右肘の故障で春に投げられなかったが、180cm87kgの古川晴翔投手が142キロの球を投げて台頭した。リリーバーの後守叡投手も沈む球で空振りを奪える。

大垣日大はキレの良い球を投げる五島幹士投手、183cm95キロの長身の三松将也投手のタイプの違う両左腕が注目され、2年生の山田渓太投手も140キロの球を投げる次期エース候補。野手も強打の捕手・西脇昂暉選手、俊足の伊藤成大選手、河村岳竜選手、長沢康生選手が並び、来年が楽しみな遊撃手の米津煌太選手、強打の高橋慎選手など素質あふれる選手がそろう。

大垣商は182cm78kgの本格派右腕・臼井崇真投手と2年生の左腕・大橋一斗投手が注目され、二人を巧みにリードする主将の河瀬和輝捕手も注目したい。

帝京大可児は167cmながら144キロの速球とキレの良いスライダーを投げる鈴木孝介投手とテンポの良い投球の左腕・山岡航大投手、そして2年生の大型左腕・加藤大和投手と投手力が良い。

岐阜聖徳学園の藤田一駿投手は183cm80kgの右腕投手で、きれいなフォームから投げられる142キロのストレートは期待されている。麗澤瑞浪の森岡晃大投手は左から強い球を投げ、クロスファイアが良い。多治見工の伊藤昂投手は170cm63kgと大きく無いが、スリークォーターからの130キロ後半の速球で、左右の打者のインコースを攻める。

大垣西の今西千尋捕手は170cm85kgで強肩強打の捕手として注目される。郡上高の藤田一駿選手は俊足強肩、田中健太郎選手はパワーのある打撃で長打力がある。中津商の二村竜矢選手は50m6.0秒の足に強肩など三拍子揃った選手。海津明誠の和田貴英投手は180cmの左腕投手で打たせて取る投球が持ち味。チャンスの強い打撃を見せる181cm78kgの阿部颯太選手も活躍を見せそうだ。

2022年度以降-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント