東海大札幌・門別啓人投手が14奪三振完封、9球団視察し日本ハムスカウト評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

夏の高校野球南北海道大会は、札幌支部Cブロックの代表決定戦が行われ、東海大札幌の150キロ左腕・門別啓人投手が先発した。

スポンサーリンク

14奪三振完封

試合は投手戦となった。札幌新陽は2年生の細野龍之介投手が好投し、7回まで強打の東海大札幌を無失点に抑える。しかし、門別啓人投手も「何が起こるか分からない。初回から全力でいった」と話し、初回から力強いストレートを見せた。

試合は東海大札幌が8回に2点、9回に1点を奪って勝負を決めた。門別投手は最後まで気持ちを維持し続け、9回4安打14奪三振で完封、「指にかかり、調子の良いボールを投げられた」と話した。最速は144キロだった。

昨年の時点で注目を集めており、秋には146キロを記録、そして今年の春先に150キロを記録した。しかし、4月に体調を崩して2週間練習ができず、87kgの体重が80kgに落ちた。それでも春季大会はこの日と同じ札幌新陽戦で20奪三振、知内戦で14奪三振を記録したが、調子は良くなかった。

現在は85kgまで体重を戻し「8割くらいまで戻っている」と話す。この日は9球団のスカウトが視察したが、北海道日本ハムの白井スカウトは「真っすぐの指のかかりが良い。ツーシーム系のボールも良い感じに抜けていた。状態は戻りつつあるのではないか」と評価した。

ドラフト候補として、十分の投球を見せた。これから南北海道の大会が始まり、暑い中での連投となっていく中での投球になるが、どこまで自分の投球を続けられるか、そして初となる甲子園への切符を掴むことができるか。門別投手は「人生が変わる場所と聞いている。絶対に行きたい」と話した。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
「北のドクターK」東海大札幌の150キロ左腕・門別 9球団スカウトの前で14K完封! - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権(8月6日から14日間、甲子園)の地方大会は5日、南北海道大会の札幌支部各ブロックの代表決定戦が計5試合行われた。Cブロックでは、今秋ドラフト候補で最速150キロを誇る東海大札幌の左腕エース・門別啓人投手(3年)が札幌新陽を相手に完封し、本大会出場を決めた。14三振を奪う力投で、「北のドク...

現在は体重が85キロに増え「8割くらいまで戻っている」。この日の最速は144キロ。9球団が視察し、北海道に本拠を置く日本ハムの白井康勝スカウトは「真っすぐの指のかかりが良い。ツーシーム系のボールも良い感じに抜けていた。状態は戻りつつあるのではないか」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント