大阪電通大高の148キロ右腕・的場吏玖投手に北海道日本ハムスカウト「達や福島蓮に似ている」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

大阪電通大高で、185cmの長身から148キロの速球を投げる的場吏玖投手に、北海道日本ハムスカウトが高く評価をした。

スポンサーリンク

5回7奪三振

大阪大会4回戦の市岡戦で先発した的場吏玖投手は、腕が長く伸びやかなフォームからキレの良いストレートを次々と投げ込み、5回を投げて1安打7奪三振と素晴らしい投球を見せた。5回に左足の指の皮がめくれ、引きずりながらベンチに入るなど心配もあるが、大阪大会5回戦に進出を決めた。

高校入学時は球速が120キロ後半だったが、食事トレーニングで体重を8kg増やすと、最速148キロまで球速が伸びた。それでもまだ185cm70kgと線が細く、まだまだ伸びしろがある。

この日は北海道日本ハムの武部スカウトが視察をしたが、「真っすぐの伸びはすごい。三振の取れるスライダーはかなりいい」と評価。長い手足を生かして投げるフォームに「日本ハムの達や福島蓮に似てるかな」と、昨年のドラフト1位・達孝太投手や育成ドラフト1位の福島蓮投手に似た、長身で将来性の高い投手と評価した。

春には関大北陽を相手に20奪三振を記録し、大阪桐蔭を8回4安打3失点に抑えるなど実力は確かで、この夏も強豪校との対戦が注目される。まずは足のケガを治して、良い状態で対戦をして欲しい願う。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・大阪大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球大阪大会、大阪桐蔭だけでドラフト指名候補が複数人おり、上位指名の可能性のある選手も少なくない。ただし、他のチームでも今年のドラフト会議で指名されそうな選手がおり、ドラフト注目度はA。
大阪電通大高が市岡下し5回戦へ 最速148キロの長身右腕・的場が5回1安打7奪三振好投/デイリースポーツ online
 「高校野球大阪大会・4回戦、大阪電通大高2-0市岡」(24日、大阪シティ信用金庫スタジアム) 大阪電通大高の最速148キロ長身右腕・的場吏玖投手(3年)が、5回1安打7三振無失点の好投。2番手・斎藤愛哉投手(3年)も4回1安打の好リリーフだった。二枚看板の快投リレーで、大阪電通大高は5回戦へと歩を進めた。

視察に訪れた日本ハム武部スカウトは「真っすぐの伸びはすごい。三振の取れるスライダーはかなりいい」と評価。長い手足を生かして投げるフォームに「日本ハムの達(ドラフト1位)や福島蓮(育成1位)に似てるかな」と分析した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント