巨人ルーキー・畠投手が3勝目、オリックスドラ4ルーキー・山本由伸投手は5回1失点

畠世周, 山本由伸

巨人のドラフト2位ルーキー・畠世周投手が8回3安打9奪三振で今季3勝目を挙げた。またオリックスの高卒新人でドラフト4位の山本由伸投手がプロ初先発し、5回1失点の好投を見せた。

ルーキー好投

巨人のドラフト2位・畠世周投手投手はこの日、横浜DeNAで7勝を挙げている濱口遥大投手と投げ合いとなったが、最速151キロの速球で筒香選手から三振を奪うなど抜群の投球を見せ、8回3安打9奪三振で1失点に抑えた。

畠選手は後半から登板し3勝を挙げている。ドラフト時には肘の故障があってその後手術をし、巨人のドラフトの失敗を報道する新聞紙などもあったが、1年目の後半に1軍のローテーション入りする活躍を見せている。素直な性格と抜群の素質を持つ畠投手、これからも巨人の右のローテーションとして素晴らしい投球を見せてくれそうだ。

高卒新人1勝狙う

オリックスはこの日、ドラフト4位ルーキーで、都城高校出身の山本由伸投手が先発し、最速152キロを記録するなど5回を投げて7安打6奪三振1失点の投球を見せた。

高校時代は151キロの速球が注目され、ドラフト上位候補にも挙がっていた。プロ入り後は球速を3キロ伸ばして154キロを記録している。

この経験をして一度2軍に行くが、福良監督も「次も投げさせます」と再び1軍で登板させる事を示唆した。

高卒新人では、東北楽天の藤平投手や日本ハムの堀投手などドラフト1位投手が挑戦を続けているが、誰がプロ初勝利を手にするか注目したい。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧


PAGE TOP