U18代表、清宮・中村・安田・増田が主軸!テレビ朝日が地上波3試合放映へ

清宮幸太郎, 増田珠, 安田尚憲, 中村奨成

9月1日にカナダで開幕するU18ワールドカップ、昨日は代表メンバーが発表されたが、今年はテレビ朝日系列が2次リーグ以降3試合を地上波で放映することが分かった。

注目選手そろう

昨日発表されたU18代表選手は 侍ジャパンU18日本代表選手決定!

107本塁打の早稲田実の清宮幸太郎選手、60本塁打の履正社・安田尚憲選手、そしてこの夏の甲子園でブレークした広陵の中村奨成選手。さらに横浜の増田珠選手もドラフト1位候補として注目される。

また1番候補でも甲子園8盗塁の丸山和郁選手や、一発長打のある伊藤康祐選手と藤原恭大選手、そして堅い守備の小園海斗選手と西巻賢二選手もいる。

打順を予想すると

1番 藤原 中堅手
2番 西巻 二塁手
3番 清宮 一塁手
4番 中村 捕手
5番 安田 DH
6番 増田 左翼手
7番 伊藤 右翼手
8番 井上 三塁手
9番 小園 遊撃手

丸山選手が1番か9番に入ってくるかもしれないが、3番から6番は左右交互のこの形になるか。

投手陣は

投手では右の徳山壮磨投手、三浦銀二投手が安定したコントロールに変化球も多彩で、左の川端健斗投手、山下輝投手は速球に力がある。また、櫻井周斗投手、磯村峻平投手、田浦文丸投手と左が揃い、抑え候補は150キロの清水達也投手が選出された。

投手については昨年の寺島成輝、高橋昂也、今井達也、藤平尚真、堀瑞輝、早川隆久が揃ったチームからはやや劣るようにも感じるが、実際に試合で活躍するのは数人になることが多く、昨年は今井投手と堀投手が大車輪の活躍だった。一昨年の佐藤投手のようなエース級のピッチングを、徳山投手、三浦投手、川端投手に期待し、昨年の堀投手のような安定感あるリリーフを、磯村投手や田浦投手、清水投手に期待したい。

テレビ中継

この注目される大会はカナダで開催されるが、テレビ朝日系列が、1次ラウンドの5試合と続くスーパーラウンド1試合はBS朝日で中継し、2試合目以降の順位決定戦までの3試合は地上波で中継することが分かった。またAbemaTVでも全試合を中継する予定。

2年前に日本で開催されたU18ワールドカップでは、1年生で出場した清宮選手が4番を打ち、アメリカとの決勝戦は急遽地上波で放映すると、視聴率18.6%を獲得した。今回はカナダでの開催という事で時差もあるが、注目度は高い。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト
侍ジャパンU18日本代表選手決定!
侍ジャパンU18日本代表選手一覧 


PAGE TOP