ヤマハ・鈴木博志選手が153キロ締め、社会人代表が台湾に勝利

菅野剛士, 北村祥治, 鈴木博志, 神里和毅, 田中俊太, 木南了, 阿部良亮

アジア選手権を戦う侍ジャパン社会人代表は、スーパーラウンドの2戦目で台湾と対戦し、8回コールド、10-0で勝利した。

打線爆発

この日は初回、1番・田中俊太選手がヒットで出塁すると、四球などで1アウト満塁のチャンスを作り、菅野剛士選手、神里和毅選手、木南了選手のタイムリーで5点を挙げた。2回にも菅野選手の2点タイムリーヒット、大城卓三選手のタイムリー2ベースで3点を挙げ、3回には北村祥治選手のタイムリー2ベースヒットで、3回までに9点差をつけた。

投げては都市対抗でノーヒットノーランを達成した阿部良亮投手が先発して3回を無失点、4回からは鈴木健矢投手が登板し3回を無失点に抑え、7回は平尾奎太投手がノーヒット2奪三振、そして8回はヤマハのドラフト1位候補・鈴木博志投手が登板し、最速153キロを記録して無失点に抑えた。

その裏に藤岡裕大選手がタイムリーヒットを打ち、10-0としてコールド勝ちを決めた。

今日8日に決勝戦が行われ、再び台湾と対戦する。この日も中盤は台湾の投手に抑えられ、決勝ではその投手が先発をしてくるとみられる。今年の社会人代表は打線の繋がりが過去最高に近いチームなのではないかと思う。

プロでも十分活躍できる野手が揃っている。この大会でプロが注目しているという情報はないものの、この中から何人かは今年のドラフトで指名され、来年はプロのユニフォームを着ているだろう。

侍ジャパン社会人代表候補
2017年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

今夏都市対抗でノーヒットノーランを達成した阿部(日本通運)が3回無失点。ドラフト候補右腕の鈴木博(ヤマハ)が4番手で最速153キロを計測して1回無失点と、継投が決まった。8日に再び台湾と決勝を戦う。


PAGE TOP