NTT東日本、来年ドラフト候補の堀誠投手がまた好投

NTT東日本, 堀誠

社会人野球日本選手権では、NTT東日本の堀誠投手投手が1回戦に続いて好投し、準決勝進出を決めた。185cmの右腕は来年のドラフト候補。

1回戦に続き

堀誠投手は185cmの右腕で、大学時代から抜群の安定感を見せていたが、社会人1年目の今年はストレートの強さが増し、今大会1回戦のJR西日本戦で7回1/3を投げて2失点で勝利すると、この日の明治安田生命戦でも7回2/3を投げて1失点、2安打7奪三振4四死球という内容だった。

堀投手は都市対抗でも若獅子賞を獲得しており、今年の社会人野球のNO.1ルーキーとも言える。都市対抗に続いて日本選手権でも優勝すれば、その大きな立役者となる。

来年のドラフトに向けても評価はうなぎのぼりとなるだろう。準決勝、決勝の投球にも注目したい。

2018年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
NTT東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

立正大から加入したルーキー・堀が7回まで1安打投球。8回2死満塁で降板したが、来秋のドラフト候補は「(立ち上がりから)落ち着いて入れた」と流れを引き寄せるのに十分な内容だった。

 若獅子賞(新人賞)に輝いた都市対抗では「行けるところまで行く」のスタイルだったが「今は自分が投げる時は救援陣を休ませないといけない」と状況を考えながら投げる。


PAGE TOP