JR東日本東北に進む矢吹栄希選手、2年後のプロ入りへ

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

東洋大の外野手で、聖光学院時代に注目された矢吹栄希選手が、JR東日本東北から2年後のプロ入りを目指す。

スポンサーリンク

東北を盛り上げられるように

矢吹栄希選手は、聖光学院時代に高校通算28本塁打を放つ内野手として注目され、2年夏、3年春・夏の3度の甲子園に出場している。東洋大に進むと1年時からリーグ戦に出場し、体重も入学時の70kgから80kgに増えてパワーが増した。強打の外野手としてプレーをしていた。

4年時に腰椎分離症のためにほとんど試合に出場できなかったが、JR東日本東北から声がかかった。「ずっと声をかけてもらっていたし、東北は地元。もう一度盛り上げられるようにと思った」と話す。

そして東北の地から2年後のプロ入りを目指す。「甘い球をしっかり持っていきたい。ここぞのときにいかに打てるかが大事」とチャンスに強い打撃を見せてチームを3年連続となる都市対抗出場に導く事を目標とする。「会社全体を背負って戦う責任感をひしひしと感じた。そういう緊張感のなかでやれるのは楽しみ」と話した。

社会人外野手としては、かなりのインパクトを残さないとプロ入りはなかなか難しいポジションにある。身体能力の良さを見せつつ、やはり試合では昨年のENEOS・度会隆輝選手、かつてなら大阪ガスの近本選手のような大活躍を見せたい。

2024年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
JR東日本東北入りした矢吹栄希外野手が2年後にプロ目指す…聖光学院で春夏連続甲子園の大砲 : スポーツ報知
 社会人野球の強豪・JR東日本東北(宮城)の入社内定選手がすでにチームに加わり、汗を流している。福島県出身で、聖光学院(福島)で甲子園春夏連続出場の矢吹栄希外野手(22)=東洋大4年=は持ち味の長打力
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント