早稲田大・石井一成選手が今季1号ホームラン、3安打5打点の活躍

石井一成, 早稲田大

東京六大学の早大vs東大の試合は、早大の4番で主将の石井一成選手が、手が付けられない活躍を見せた。

5打数3安打5打点

昨日は東大の宮台康平投手の前にノーヒットに終わった。しかし2つの四球を選ぶなど、ヒットこそなかったものの勝負では勝っていた感じもあった。

そしてこの日、初回にタイムリー2ベースヒットで先制打を奪うと、3回にはライトスタンドにソロホームランを放つ。そして8回には1アウト満塁の場面で打席に入ると、走者一掃のセンターオーバーの2ベースヒットを放ち、5打数3安打5打点の活躍を見せた。

昨日は「考えすぎて力んだ。今日は走者を進めることだけ考えてしっかり叩けた」と話した。視察した横浜DeNAの吉田スカウト部長も「十分候補です」と話し、打てる内野手の候補として評価をしていた。

東京六大学からは、昨年のドラフト会議で大城滉二選手や茂木栄五郎選手がプロ入りし、共にショートとして既に活躍を見せている。その茂木選手をサードに置いていたのも、石井選手がいたからだった。そして今年は日大の京田陽太選手、中京学院大の吉川尚輝選手といった遊撃手とともに、石井選手も注目をされている。

今年春の活躍でドラフト上位候補の評価を定着させ、来年は即戦力で3番ショートを打てるような選手として期待が高い。

2016年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

今秋ドラフト候補の早大・石井一成内野手(4年・作新学院)が一発を含む3安打5打点と大爆発した。初回に左中間への適時二塁打で先制点をたたき出すと、三回には右越えソロ。八回は1死満塁から走者一掃の中越え二塁打を放った。

前日の1回戦では無安打。「考えすぎて力んだ。きょうは走者を進めることだけ考えて、しっかり叩けた」と手応えを口にした。DeNAの吉田孝司スカウト部長は「十分候補です」と評価していた。


PAGE TOP