愛知大・安田悠馬捕手が驚愕の2本塁打、中日・西武が視察し中日が絶賛

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

愛知大学2部でプレーする愛知大の安田悠馬捕手に、この日は中日と埼玉西武の2球団が視察し、驚愕の2本塁打を目の当たりにした。

スポンサーリンク

大学通算29本

安田悠馬捕手は185cm104kgの大型の左のスラッガーで、大学では1年時に広島に入った名城大の栗林投手からホームランを放つなど、リーグ2部ではあるが、春までに通算29本のホームランを放って注目されていた。

この日の至学館大戦では3回、変化球を振り抜くと打球はセンターバックスクリーンの中段に突き刺さるホームラン。5回にはストレートを振り抜き、同じようにバックスクリーン中段に運んだ。「最近はバックスクリーンを狙うことで、肩を開かずボールも良い感じに見えているので、2本ともスライスせず真っすぐ飛んだので、理想的な打撃でした」と話す。

第1打席ではライト線へのタイムリーヒットを打ち、2本塁打3安打4打点の活躍を、この日は中日、埼玉西武の2球団のスカウトが視察した。

中日・音スカウト:「体の強さ、体幹がしっかりしている。軟らかさが出てきた。しっかり見極めて振れるようになっている」

中日・清水スカウト:「長打力は頭一つ抜けていると思う。穴が少なくなっている。スケールの大きさがある」

と中日スカウト陣が絶賛した。

2部リーグにいた強打のスラッガーが、ドラフト会議で主役に躍り出るか注目される。

2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日、ネット裏では中日に加え、長距離砲のスカウティングで実績のある西武の2球団が視察。中日・音スカウトが「体の強さ、体幹がしっかりしている。軟らかさが出てきた。しっかり見極めて振れるようになっている」と成長ぶりを口にすれば、同・清水スカウトは「長打力は頭一つ抜けていると思う。穴が少なくなっている。スケールの大きさがある」と太鼓判を押した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント