立教大が始動、プロ注目の山田健太選手「来年からプロの舞台に立たなければいけない」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

立教大がこの日、今年の練習始めを行った。主将でプロも注目する山田健太選手は、プロ入りの気持ちを強く語った。

スポンサーリンク

大阪桐蔭連覇メンバー

山田健太選手について溝口監督は、「名実ともに、彼がどらだけやってくれるかでしょう」と話し、大きな期待を示した。

山田選手は大阪桐蔭で、藤原選手、根尾選手などと2018年に春・夏の甲子園を制した。強打の内野手として連覇に貢献していた。プロも注目したが立教大に進学を決め、大学でも1年春から出場すると、3年間で62安打を記録している。

そして、「自分も来年からプロの舞台に立たなければいけない。そのために今年は結果にこだわりたい」と話し、今年のドラフト会議での指名について、強い気持ちを示した。そのために、リーグ通算100安打の記録に言及し、「あと38本は高い壁だけどクリアできたら自信になる。日本一になるために、勝つための結果を残していきたい」と話した。

183cm86kgでセカンドを守る強打者、長打力も見せる選手で、今年、注目選手の多い二塁手としてプロ入りの勝負をする。今年は数字をさらに伸ばしたい。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年ドラフト候補一覧
2022年のドラフト候補選手一覧です。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価もご覧ください。
立大練習始め 今秋ドラフト候補の山田健太主将「結果にこだわりたい」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学野球の立大が12日、埼玉県新座市の同校グラウンドで練習始めを行った。選手たちは授業優先で練習に参加するため、この日朝、オンラインで全体ミーティングを… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

山田は、18年大阪桐蔭春夏連覇のメンバー。同期からは中日根尾、ロッテ藤原ら4人が高卒プロ入り。さらに、大学、社会人へ進んだ同級生の早大中川卓也内野手、NTT西日本小泉航平捕手もドラフト候補に挙がる。山田は「自分も来年からプロの舞台に立たなければいけない。そのために今年は結果にこだわりたい」と力を込めた。

「ジャニーズ系」と推される立大の山田健太主将が首位打者と日本一を目標に掲げる/東京六大学
東京六大学野球の立大・山田健太内野手(3年)が練習始めの12日、埼玉県新座市のグラウンドで、今春の目標を「チームの日本一、個人で首位打者」と掲げた。
立大・山田健太 キャリアハイ誓う 中日・根尾らから刺激「一緒の舞台でやろうと話した」/デイリースポーツ online
 東京六大学野球リーグの立大が12日、埼玉・新座市内の同大グラウンドで始動した。今秋ドラフト候補で、リーグ現役トップの通算62安打を誇る山田健太内野手(3年・大阪桐蔭)は「大学生活のキャリアハイが1年生。そこは絶対クリアしたい」と躍動を誓った。 年末には母校の大阪桐蔭を訪問。3年時に、ともに甲子園春夏連覇を達成した中日...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント