立命館大・宮崎竜成選手「春の結果で進路を考えたい。プロに行くなら1位、2位で」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

立命館大が初練習を行い、強打の内野手・宮崎竜成選手が進路について話した。

スポンサーリンク

1年秋に3本塁打

宮崎竜成選手は創志学園出身の内野手で、173cm85kgの体でスイングが強く、大学1年秋に3本塁打を放って注目された。今年の目標については「長い間、リーグ優勝できていない。長打力をアピールして、優勝した時にMVPを取れる活躍がしたい」と話す。

スラッガーとして今年のドラフト候補として注目されるが、進路については「春のリーグ戦の結果で考えたい。社会人で長くプレーするのも一つ。」と話す。しかし、創志学園の長沢監督からは電話で「プロを目指せ」と励まされており、「プロに行けるなら1位、2位で行きたい」と目標を語った。

春のリーグ戦で、持ち前の長打力をはっきして、チームを優勝させ、MVPを獲得することができるか注目したい。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
今秋ドラフト候補の立命大・宮崎竜成が始動 創志学園で阪神・西純の1年先輩「MVPを取れる活躍したい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト候補に挙がる立命大・宮崎竜成内野手(3年=創志学園)が12日、京都市の同校グラウンドで新年初練習を迎えた。阪神・西純矢の高校の1学年先輩で、2度の甲子園出場経験を持つ。大学1年秋にはシーズン3本塁打を放ったスラッガーは「(19年春から)長い間、リーグ優勝できていない。長打力をアピールして、優勝した時にMV...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント