専修大の151キロ右腕・菊地吏玖投手がオープン戦で3回1安打2奪三振、広島スカウトが評価

大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

専修大が東京ガスとオープン戦を行い、151キロ右腕の菊地吏玖投手が今年初となる対外試合での登板をした。

スポンサーリンク

3回2奪三振

この日は最速は144キロを記録した菊地吏玖投手、ツーシーム、カーブ、スライダー、フォークなどの多彩な変化球を、昨年の都市対抗覇者でもある東京ガス打線に投げ込み、3回1安打2奪三振1四球で無失点と好投した。

「初試合ということもあって力みましたが、それでも大崩れしないのが自分の持ち味です。昨年優勝された東京ガスさん相手にそれが出来た。自信になります」と話し、この日の投球を振り返った。

斉藤監督は「球の力はもちろん、制球のいい投手です。コロナ禍の影響で紅白戦が出来ず、実戦は1カ所打撃で1度登板したくらいだったんです。それを考えると、上出来だったと思いますよ」と話し、完成度の高さを評価した。

またこの日は2球団のスカウトが視察し、広島の尾形スカウトは「良かったと思います。いろんな球種を使えるので、投球がうまいですよね。これからどんどん良くなっていくと思います」と評価した。

球速の更新も目指す菊地投手、これから150キロ台も見られるかもしれない。今年のドラフト上位候補に入ってきそうな投手として注目される。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
専大・菊地吏玖が都市対抗王者相手に3回無失点 多くの球種で東京ガス打線を翻弄「自信になる」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補の最速151キロ右腕、専大・菊地吏玖投手(3年=札幌大谷)が今年初の対外試合に登板。昨秋都市対抗王者の東京ガス打線相手に、3回1安打1与四球2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

▽広島・尾形佳紀スカウト(菊地の投球について)「良かったと思います。いろんな球種を使えるので、投球がうまいですよね。これからどんどん良くなっていくと思います」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント